森山未來『モテキ』映画版もやりたい放題?!

映画会見/イベントレポート

[シネママニエラ]8月30日、映画『モテキ』の完成を祝した「モテキパーティー」が、六本木のホテル・グランドハイアットで開催され、主演の森山未來、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子、リリー・フランキー、そして大根仁監督が出席した。オープニングテーマ曲であるフジファブリック「夜明けのBEAT」が流れる中、ご一行が登壇。森山は「ドラマでやりきった感があったので、(映画化して)何ができるのかなと思った。でも、見てもらえれば分かる!」のだと作品の出来栄えに胸を張った。

映画『モテキ』パーティー&舞台挨拶in六本木

――ドレスアップした招待客が見守る中、森山がシャンパンタワーを実施し、ヒット祈願。――

久保ミツロウの人気漫画を基にした、進化系恋愛コメディ。テレビ放映を経て、この度の劇場版では原作者による完全オリジナルストーリーを準備し、新ヒロインを迎え、恋愛下手な主人公の草食男子・幸世が“恋がせめてきたッ!”とばかりに訪れた、2度目のモテキに煩悶・妄想・奔走するさまを描く。

森山未來『モテキ』映画版もやりたい放題?!
森山未來と長澤まさみ

ドラマ版の演出を担当し、本作で映画監督デビューとなった大根監督は「豪華な女優陣を綺麗に撮ることに力を注ぎましたし女性のために作った作品です。見た後に絶対話したくなる作品なので独りでご覧にならず、必ず誰かと見てください!」と主張した。

その言葉に続き、キャストのトークも。殺人級の笑顔の持ち主・みゆき役の長澤は「胸だけのアップとか脚だけのアップとか、今まで撮られたことがなかったカットがあるので恥ずかしかった。でも、そういう役どころができるのは、大人になったから演じられるのかな」と頬を赤らめて語った。清楚なOL・るみ子役の麻生は「監督から女性の共感を得る役だとプレッシャーをかけられました。独りカラオケでB’zを熱唱したり、牛丼を呑み込んで食べろと言われたり、ソンビ化したり、大変なシーンが多くて苦労した」と振り返った。ハデカワのアゲ嬢・愛役を演じた仲は「いつもの2割増しメイクで臨んだ、(本作は)観た後、恋がしたくなる」とキラッキラの笑顔で語るも、「愛は可愛いけど計算高くて怖いなと思った」とポツリ。Sキャラの先輩・素子役の真木は「申し訳ないなと思いながら、(幸世を)ぶったりけったり」していたと明かした。

長澤まさみと真木よう子
長澤まさみと真木よう子

原作では謎の男として描かれているキャラクターの墨さんが、映画ではニュースサイト「ナタリー」の社長・墨田卓也として登場する。演じたリリーは、「(出演オファーを)最初は丁寧にお断りした。4人の女性がセクシーなシーンを演じていますが、乳首を出しているのは俺だけ。大根監督の中では、お色気担当なのかな、と。見どころは、監督の繊細さとおおざっぱさが混在しているところ(笑)」と、ユーモアを交えたリリー節で笑いにつなげていく。

仲里依紗と麻生久美子
仲里依紗と麻生久美子

そして、TOHOシネマズで行われた舞台あいさつで森山は、「一生分モテた感じ。ドラマでも映画でも“やりたい放題”やらせていただいて満足です! ツイッターをやっている方は、(感想を)どんどんつぶやいてください」とテンションを上げていたのだが、女優陣から「幸世は可愛いけどタイプじゃない(麻生)」、「部屋が汚いのが不潔でイヤ(仲)」、「30代にもなって失恋で仕事ができないなんて、ありえない(真木)」というコメントが相次ぎ、がっくり。すかさず監督がフォローを入れるも「主人公として、こんなに感情移入できないキャラクターは邦画史上珍しい」と言われ、リリーからは「仕事でこんなに可愛い女優さん方とキスしたり良い思いができると、プライベートは地獄ですよ」という役柄を反映したオチが飛び出した。

そこまで言わしめる、フジくんこと藤本幸世の“モテキ”ぶりは、是非自分の目で確かめよう。この秋、映画『モテキ』を観て、恋愛温度を上げて行こう!

日本公開=2011年9月23日
配給=東宝
©2011映画「モテキ」製作委員会

ライブドアニュース
公式サイト www.moteki-movie.jp
モテキ Blu-ray豪華版(2枚組)をAmazonで購入する
モテキ<Blu-ray BOX(5枚組)>をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で