史上初!北朝鮮映画界に密着した『シネマパラダイス★ピョンヤン』公開決定

ニュース 映画で知る世界
『シネマパラダイス★ピョンヤン』
北朝鮮の映画企画は年間100本!
©Lianain Films

[シネママニエラ]閉ざされた北朝鮮映画界に初めて密着したドキュメンタリー映画『シネマパラダイス★ピョンヤン』の日本公開が決まった。

シンガポールのドキュメンタリー映像作家ジェイムス・ロンとリン・リーによる本作。約2年間、4度の長期滞在によって、ピョンヤンに住む人々の、これまで知らなかった日常生活や素顔を垣間見ることになる。制作のきかっけは、カンボジアの地雷撤去活動家を追ったドキュメンタリー『アキ・ラーの少年たち』で2008年ピョンヤン国際映画祭に招待されたことを機に訪朝し、そこで国家思想の伝道師としての役割を自負する北朝鮮の映画人に出会い、興味をもったため。

取材対象として紹介されたのは、超エリートが集うピョンヤン演劇映画大学でスターを夢見る学生や、広大な撮影所で新作の撮影に忙しいベテラン映画監督など、まさに将軍様のハリウッドを支える選ばれた人たち。北朝鮮はプロパガンダとしての映画を重要視しており、映画化の企画は年間100本ほどあるという。故・金正日が大の映画好きということもあり、広大なオープンセットを持つ映画撮影所の中で大がかりな撮影が実施されていることなどが明かされていく。

日本公開の一報を受けて、両監督は「多くの人は私たちの撮影対象が『演じている』と言うだろう。正しく振る舞うよう言われていることは想像に難くない。しかし辛抱強く様子を伺いながら、彼らのあからさまな、むき出しの姿をとらえた瞬間はあると思っている。何が「真実」か?どれが「本当」か?観客がこの作品を観て、判断してくれればそれでいい」とコメントを寄せている。百聞は一見に如かず。まずは自身のその目で確かめて欲しい。

原題=The Great North Korean Picture Show
日本公開=2014年3月日
配給=33 BLOCKS
公式サイト http://www.cinepara-pyongyang.com/
©Lianain Films

[amazonjs asin=”B003T8FWLM” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”北朝鮮映画の全貌 花を売る乙女 DVD”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で