ウィリアム王子&キャサリン妃 2ショットに大歓声!

ニュース 映画会見/イベントレポート
ウィリアム王子&キャサリン妃
ウィリアム王子&キャサリン妃

[シネママニエラ]スティーブン・スピルバーグの待望の監督最新作『戦火の馬』のロイヤルプレミアが1月8日(現地時間)、英国ロンドンのレスタースクエアにて行われ、昨年4月にロイヤル・ウェディングを挙げたウィリアム王子とキャサリン妃も出席。ご結婚後、初の映画プレミア公式出席に会場は大歓声に包まれた。

傑作の予感!『戦火の馬/WAR HORSE』予告編

スティーブン・スピルバーグは、「エリザベス女王とチャールズ皇太子、故・ダイアナ妃夫妻を迎えたロイヤル・プレミアに出席した経験はあるけれど、ケンブリッジ公爵夫妻にお会いするのは初めてなんだ。英国王室の新世代を象徴する2人が今日こうしてプレミアに来てくれて、すごく嬉しく思っている。この映画は『プライベート・ライアン』やTVシリーズ「バンド・オブ・ブラザーズ」のような、いわゆる“戦争モノ”ではなく、“絆”というテーマを中心に、動物が人々を結びつけ、人間の善の部分を引き出す存在になり得る、ということを描いている。戦争映画ではあまり描かれることのない、そういった叙情的テーマを描いたつもりだ」とコメントした。

今年のオスカーレースでトップをひた走る話題作とあって、欧州メディアを中心に約300人ものマスコミが集まり、沿道は500名を超えるファンで埋め尽くされた。午後5時頃、スピルバーグ監督、ジェレミー・アーヴァイン、トム・ヒドルストン、ベネディクト・カンバーバッチそして馬のジョーイらがレッドカーペットに登場。

続いてウィリアム王子とキャサリン妃がレスタースクエアに到着。折からの小雨を避けるように、王子がキャサリン妃に傘をさしかけ、一つの傘でゆっくりとレッドカーペットを歩かれた。翌9日に、30歳のお誕生日を迎えるキャサリン妃は、アリス・バイ・テンパリーの黒のドレスで登場。ケンブリッジ公爵夫妻は、会場のオデオン劇場(1,600名収容)で、スピルバーグ監督らスタッフ&キャストと丁寧に言葉を交わした。

原題=WAR HORSE
日本公開=2012年3月2日
配給=ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト http://Senka-no-uma.jp/
cDream Works Ⅱ Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

[amazonjs asin=”B00CJ58MX6″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”戦火の馬 Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で