ジェームズ・キャメロン監督が映画『アバター<特別編>』電撃発表!



『アバター』『タイタニック』を越え、全世界で歴代興行収入第1位となる約27億3000万ドルという、空前絶後の記録を打ち立てた『アバター』(2010年7月7日現在)。新たに8分間の未公開シーンを含めた『アバター〈特別編〉』が、10月16日(全米8月27日)から公開される事が、本日発表されました。この発表に伴い、ジェームズ・キャメロン監督からのコメントも届いています。昨年12月の公開時以来、日本でも3D劇場は飛躍的に増加した。『アバター』を3Dで見逃した人、もう一度という人、ともに劇場で楽しめることになりそうだ。

ジェームズ・キャメロン監督のコメント

「観客から何度も、もっとパンドラを体験したい、長く滞在したいと言われてきました。そのため今回、それを可能にすることにしたのです。『アバター<特別編>』は3Dでのみ特別上映され、新しいクリーチャーやアクションシーンを含む8分間の未公開映像が追加されています。すでに『アバター』のファンであるあなたも、まだ観たことのないあなたも、この特別編は初めての経験となるでしょう」

同作は、日本でも興行収入154億7千万円を越え、観客動員数は、985万人を突破(2010年7月7日現在、配給会社発表)。また、ブルーレイディスクでの全世界販売記録も達成し、まさに社会現象を巻き起こした。本格3D映画の新時代を作り出した作品となっている。

映画『アバター』予告編(日本語字幕なし)

『アバター<特別編>』
原題=Avatar: Special Edition
日本公開=2010年10月16日
配給=20世紀フォックス映画
公式サイト http://www.avatarmovie.jp
©2010 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD