新生スーパーマン『マン・オブ・スティール』予告編&ポスター第1弾解禁!

ニュース 映画予告編

[シネママニエラ]映画『ダークナイト』シリーズのクリストファー・ノーラン製作×映画『300<スリーハンドレッド>』ザック・スナイダー監督が贈る、映画『マン・オブ・スティール』特報映像&劇場用ポスター第1弾が解禁されたところ、同作が74年の歴史を覆すまったく新しいスーパーマンを描こうとするアクション・エンターテイメント超大作であることが明らかになった。

映画『マン・オブ・スティール』ポスター第1弾
映画『マン・オブ・スティール』ポスター第1弾
©2012 Warner Bros. All Rights Reserved.

スパイダーマン、アベンジャーズ、バットマン、人々を魅了するヒーローは数々いれども、その原点にして頂点に君臨するのはスーパーマンだろう。圧倒的なビジュアルセンスで全世界を魅了した映画『ウォッチメン』『300<スリーハンドレッド>』のザック・スナイダー監督が、主演のスーパーマン役に映画『スターダスト』『インモータルズ -神々の戦い-』ヘンリー・カヴィルを大抜擢し、新たなスーパーマン誕生の物語を描く。

劇場用ポスター第1弾は、暗く沈んだ中に浮かび上がるスーパーマンの姿が描かれており、正義のヒーローとは思えないダークさが読み取れるものだ。それと同時にマン・オブ・スティール=鋼鉄の男という、タイトル通りの重厚で鉄のような硬い意志を感じさせる。またおなじみの【S】マークにしても、赤黒くうっすらと浮かび上がるビジュアルで、コスチュームというよりも鎧と表現する方が適しているだろう。

生誕74年の歴史を覆す、まったく新しい特報映像も併せて解禁となった。アクション、テーマ曲、ヒーローの姿を完全封印して、主人公の父親役の二人、ケビン・コスナー版とラッセル・クロウ版のナレーションで見せる2本の特報となっており、同じ映像に別のナレーションを挿入するという映像製作は、ハリウッド異例の試み。

特殊な能力を持ち合わせたクラーク・ケントの葛藤を二人の父親のナレーションによって予見させるかのような構成。主人公クラーク・ケントの養父ジョナサン・ケント役ケヴィン・コスナー版は、「お前は特別な存在だ。善と悪、どちらの道を選ぼうとも、お前は世界を変える」という語りかける。そしてスーパーマンが生まれた惑星クリプトンの実父ジョー=エル役を演じるラッセル・クロウ版では、「お前は人々の希望になる」とヒーローとしての宿命を諭される存在になっている。2013年夏はきっと、【S】マークのヒーロー伝説から目が離せなくなるだろう。

映画『マン・オブ・スティール』特報ケビン・コスナー×ラッセル・クロウ版

この動画コンテンツにはAdobe Flash Playerが必要です。

原題=MAN OF STEEL
日本公開=2013年夏
米国公開=2013年6月14日
配給=ワーナー・ブラザース映画
©2012 Warner Bros. All Rights Reserved.

[amazonjs asin=”B006HYN2SA” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”マン・オブ・スティール ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) DVD”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で