ゴールデングローブ賞2015『バードマン』最多7部門ノミネート

ニュース
映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
©2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

[シネママニエラ]第72回ゴールデングローブ賞の候補が12月11日に発表された。主催はHFPAと略されるHollywood Foreign Press Associationであり、本年度の候補発表を行ったのは、女優のケイト・ベッキンセール、俳優のピーター・クラウス、女優のポーラ・パットン、俳優のジェレミー・ピヴェンの4名。

最多7部門ノミネートは、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。本授賞式は2015年1月11日(現地時間)に行われる予定。ホストはティナ・フェイとエイミー・ポーラのコンビ。→受賞結果はこちら

公式のアナウンス動画はこちら(©HFPA)http://www.hfpa.org/

第72回ゴールデングローブ賞
全25部門のうち映画部門の候補はこちら(全3ページ)

作品賞 ドラマ部門
25crown『6才のボクが、大人になるまで。』
『フォックスキャッチャー』
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
『博士と彼女のセオリー』
『Selma/セルマ』(原題)

作品賞 コメディ/ミュージカル部門
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
25crown『グランド・ブダペスト・ホテル』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『Pride/プライド』(原題)
『St. Vincent/セイントビンセント』(原題)

監督賞

映画『グランド・ブダペスト・ホテル』
映画『グランド・ブダペスト・ホテル』
©2013 Twentieth Century Fox
ウェス・アンダーソン 『グランド・ブダペスト・ホテル
エヴァ・デュヴルネ『Selma/セルマ』(原題)
デヴィッド・フィンチャー 『ゴーン・ガール』
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
25crownリチャード・リンクレイター 『6才のボクが、大人になるまで。』

セシル・B・デミル賞
ジョージ・クルーニー

参考
ドラマ部門 作品賞
「ダウントン・アビー ~貴族とメイドと相続人~」
「グッド・ワイフ」
「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
「ゲーム・オブ・スローンズ」
25crown「The Affair/ジ・アフェア」(原題)

[amazonjs asin=”B00RGDPCAM” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”6才のボクが、大人になるまで。 Blu-ray”]

[amazonjs asin=”B00HZZ5URG” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”グランド・ブダペスト・ホテル(初回生産限定) Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で