映画『地獄でなぜ悪い』は園子温監督初のアクションエンタメ

ニュース

映画『地獄でなぜ悪い』ロゴ[シネママニエラ]映画『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『恋の罪』『ヒミズ』『希望の国』を手掛けてきた園子温(その・しおん)監督が、15年間温存した企画を実現した初のアクションテンタテインメント作『地獄でなぜ悪い Why don’t you play in hell?』の製作とキャスト情報が明らかになった。

園監督の「アクション映画を撮りたい!」という強い気持ちから、15年以上前のシナリオに加筆して製作に至った本作。8月15日にクランクインし、まもなくクランクアップとなる。園ワールドを体現するのは、國村隼、堤真一、二階堂ふみ、友近、長谷川博己、星野源といったキャスト陣。即決で出演を決めたという國村は「僕が園監督の世界に惹かれるのは、登場するどのキャラクターも、人としての業や悲しみを持ち、しかも普遍性をもって存在させる凄さがあるからだと思います」と語る。

監督は、「『キル・ビル』っぽい、と言われることもあるけれど、先にシナリオは書いてたので、どこか似てたとしてもそれは偶然です(笑)。とにかく過激で、しかもいろんな要素がてんこ盛り。だからいろいろなジャンルの方にお声掛けさせていただきました。今回は純粋にお客を楽しませられればいいと思っています。実は裏テーマに、35ミリ映画への愛も詰まっています」とコメント。園組の常連から初参戦のメンバーまで、どのような顔を見せてくれるのか。楽しみにしたい。

映画『地獄でなぜ悪い Why don’t you play in hell?』あらすじ

ある理由から憎しみ合うふたりの男、武藤(國村隼)と池上(堤真一)だったが、池上は武藤の娘で女優のミツコ(二階堂ふみ)に恋をする。ある事情から刑に服していた武藤の妻・しずえ(友近)の出所祝いに、しずえの夢であるミツコの映画デビューをなんとか叶えたい武藤は素人考えで、ミツコ主演で映画を撮ることを思いつく。武藤は憎いが、ミツコ主演の映画製作を成功させたい池上。ひょんなことから映画監督と間違えられた公次(星野源)。その公次に頼まれミツコ主演映画を撮るハメになる自主映画監督・平田(長谷川博己)が加わり、事態はややこしくなり……。

日本公開=2013年3月
配給=キングレコード、ティ・ジョイ
公式サイト http://play-in-hell.com/

[amazonjs asin=”B00H7KLP8C” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”地獄でなぜ悪い コレクターズエディション Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で