ティム・バートン&ウィノナ・ライダーが白×黒ドレスアップ



ティム・バートン&ウィノナ・ライダー

世界中の映画ファンの心をとらえ続けるティム・バートン監督の最新作『フランケンウィニー』のワールドプレミアが9月24日(現地時間)、ハリウッドのエル・キャピタン劇場にて催され、ティム・バートン監督とウィノナ・ライダーらが全長150メートルに渡るホワイト・カーペットに、作風にちなんだ白と黒でドレスアップして登場した。

愛犬を蘇生=フラン犬(ケン)に!

ユニークでファンタジックな世界観とイマジネーション豊かなビジュアルで、世界中の映画ファンの心をとらえ続けるティム・バートン監督。「長い間、多くのスタッフの手によって完成したことは、とても嬉しい!」とよろこびコメント。しかも本作が小さなパペット(模型の人形)をひとつひとつ動かして映像を作り上げるストップモーション・アニメーション、かつ白黒3Dで描いたことについて、「とてもエキサイティング!ストップ・モーションアニメと白黒3Dという要素が混ざり、今まで全く見たことのない映像が出来上がった」と、熱く語った。

映画『フランケンウィニー』予告編

映画『ビートル・ジュース』『シザー・ハンズ』のウィノナ・ライダーも登場。このたびは主人公ヴィクターのクラスメイトであるエルザの吹替えを担当したことから、「監督にとって特別な思い入れのある作品に関われたことは、とても名誉なこと。仲のいい友人と一緒に仕事ができたことは素晴らしかった」と、既知の仲であるバートン監督の作品に携われたことに、目を輝かせながらコメントした。

原題=Frankenweenie
日本公開=2012年12月15日
配給=ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト DISNEY.jp/FW
©2012 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD