【溺愛×偏愛シネマ】『ダラス・バイヤーズクラブ』無認可薬を得るアングラ組織の真実?!



[シネママニエラ]少し過激な記事タイトルにしたけれども、映画『ダラス・バイヤーズクラブ』で描かれるのは、医師から「余命30日」を宣告された男性の生きるための闘いの歴史だ。

ジャレッド・レトとマシュー・マコノヒー
ジャレッド・レトとマシュー・マコノヒー
©2013 DALLAS BUYERS CLUB, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

無認可薬を得るアングラ組織の真実?!

主人公のロン・ウッドルーフを演じたマシュー・マコノヒーは「ただの不良カウボーイだった男が、最後は有能な科学者になっていた。彼は生きる欲求に駆り立てられた。HIVだと知った時、彼には果たすべき目的ができた。それは生き続けること。あらゆることがこの目的に基づいている」と物語について持論を語る。

舞台は1985年の米国中西部・テキサス。俳優ロック・ハドソンが実はゲイであり、エイズに冒されたという当時の報道などから、市井の人々にはエイズに関する誤った知識が植え付けられ、偏見に拍車をかけた。アン・リー監督の『ブロークバック・マウンテン』は同じ中西部のワイオミング州が舞台だった。同性愛者への偏見がどのようなものか、その背景を事前に知った上で、鑑賞すると本作の受け止め方も異なるはず。

【溺愛×偏愛シネマ】『ダラス・バイヤーズクラブ』無認可薬を得るアングラ組織の真実?!
マシュー・マコノヒー
©2013 DALLAS BUYERS CLUB, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

彼は生き延びるために臨床段階の新薬AZTを求めるが被験者にもなれず。そこでメキシコへ渡り、アメリカでは未承認だが効果がみこめる薬を国内に持ち込む。さらに大量に仕入れては、会費を募り、好きな薬を無償で与えるという新システム「ダラス・バイヤーズクラブ」を始める。ところがが最大の顧客層はロンが忌み嫌う同性愛者。ロンはAZTの被験者だったトランスジェンダーのレイヨン(ジャレッド・レト)をビジネスパートナーに迎える。

マコノヒーは21キロ、レトも18キロ減量して臨んだ役。これでもか!という役者魂が炸裂している。映画賞レースを前に、必見の1本と言えるだろう。(MJ)

R+15
2013年アメリカ映画/117分
原題=DALLAS BUYERS CLUB
日本公開=2014年2月22日
配給=ファインフィルムズ
公式サイト
©2013 DALLAS BUYERS CLUB, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD