井上真央ら『白ゆき姫殺人事件』の女優陣は男前!

映画会見/イベントレポート
井上真央
劇中では地味なOLを演じた井上真央

[シネママニエラ]映画『白ゆき姫殺人事件』プレミア上映が2月26日に東京・恵比寿ザ・ガーデンホールで行われ、井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒、貫地谷しほり、金子ノブアキ、中村義洋監督が舞台あいさつに登壇した。題材に絡めて、井上が「『白ゆき姫殺人事件』をTwitterでつぶやいて!」と呼びかけた。

本作は湊かなえの小説を基に、日の出化粧品の美人社員が殺されたことに端を発するサスペンス映画。中村監督は初めて女優の多い作品になったとのことで、事前にスタッフに対して「もしワガママな女優がいたらフォローを頼む」としていたと白状。ところが実際には「皆さん精神的にすごく男前」で、苦労はなかったと明かした。

映画『白ゆき姫殺人事件』予告編

劇中では地味なOLを演じた井上だが、この日はラメを配したキラキラのキュートなワンピース姿。原作を読んだ段階で最初は、自分の役柄が周囲から『美人だ』と言われまくる役と思い込み「そんなキラキラした役をどう演じればいいか考えました」と自身の取り越し苦労を披露。

そんなギャップを狙った配役ゆえか、役作りには各自が苦労した模様。貫地谷は「一人称がオレって役で、少し気持ち悪い話し方をするようにしてみた」、蓮佛も「容疑者をリークする役どころ。(綾野が演じた)赤星の女性版みたい」だと語った。一方で、初映画となった菜々緒は「緊張したけど必至に頑張った」という。

中村監督曰く「“仕事よりも自分好き”という最近の若者の特徴を反映させた役」だとして、綾野が演じたワイドショーのディレクターの赤星を例にあげた。綾野は「本質から薄っぺらにならないと!と思って演じた。風も起こらないようなペラッペラなヤツになった」と熱弁。また、「台本を読んだ第一印象はクズ!」という金子の役を「係長」と呼ばせたり、赤星を「レッドスター」とスタッフに呼ばせることで、演者の心理面に作用させたという中村演出が語られた。

『白ゆき姫殺人事件』プレミア舞台あいさつ
金子、貫地谷、蓮佛、井上、綾野、菜々緒、中村(敬称略)

日本公開=2014年3月29日
配給=松竹
公式サイト http://shirayuki-movie.jp/
©2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 ©湊かなえ/集英社

[amazonjs asin=”B00KMP9CH0″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”白ゆき姫殺人事件 Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で