ダニエル・クレイグ『007 スカイフォール』は「最高のボンド映画になった」

映画会見/イベントレポート

ダニエル・クレイグ『007 スカイフォール』は「最高のボンド映画になった」

[シネママニエラ]生誕50周年を迎えた007シリーズ最新作『007 スカイフォール』が10月23日(現地時間)、誕生の地であるイギリスでロイヤルプレミアを開催した。プレミア会場となったロンドンのロイヤル・アルバート・ホールには、出演者のダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、ジュディ・デンチ、ベレニス・マーロウ、ナオミ・ハリス、レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、そしてサム・メンデス監督が勢揃い。

ダニエル・クレイグ『007 スカイフォール』は「最高のボンド映画になった」
ダニエル・クレイグ

鼓笛隊の演奏でゲストを出迎え、特設ステージには本作で久々に登場するボンドカーのアストン・マーチンDB5が置かれた。登場したゲストは、そのステージ前でインタビューに答えるなど、記念すべき年に相応しいプレミアイベントとなった。

世界初上映ともなるロイヤル・プレミアとあって、前々作『007/カジノ・ロワイヤル』でエリザベス女王陛下、前作『007/慰めの報酬』のウィリアム王子とヘンリー王子に続き、今回はチャールズ皇太子とカミラ夫人がご臨席。

『007 スカイフォール』お披露目
『007 スカイフォール』お披露目

ダニエル・クレイグは、「今までで一番豪華なプレミアだと思う。(作品は)皆が全力を尽くし、また監督のサム・メンデスも素晴らしい働きをしてくれたお陰で、最高のボンド映画になった」とコメント。ダニエルの妻で女優のレイチェル・ワイズもゲストとして来場した。その他にも『007/黄金銃を持つ男』に出演したクリストファー・リー、『007/ゴールドフィンガー』で全身に金粉を塗られたボンドガールを演じた、シャーリー・イートン、またシリーズの人気キャラクターであるマニー・ペニーを過去に、4作に渡って演じたサマンサ・ボンドら、これまで007人気を支えてきた面々が登場し会場を盛り上げた。

原題=007 SKYFALL
日本公開=2012年12月1日
配給=ソニー・ピクチャーズ
©skyfall©2012 Danjaq, LLC, United Artists Corporation,Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.

ボンド最新作『007 スカイフォール』ロンドンで会見実施
公式サイト http://www.007.com/skyfall/
007/スカイフォール Blu-rayをAmazonで購入する
007大百科をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で