アーティスト・村上隆が『めめめのくらげ』で映画監督デビュー


映画『めめめのくらげ』
©Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

[シネママニエラ]アーティスト・村上隆の初監督の実写映画『めめめのくらげ』が、2013年4月26日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国順次ロードショーとして決定した。

村上隆は、その独特の現代芸術で世界的に注目され続けているアーティスト。そんな村上隆が初めてメガホンをとるのは、10年以上前より、フルCGアニメーション作品として自ら暖めていたオリジナルアニメの企画をベースに、震災後の日本を舞台にファンタジーな世界を描き出すジュブナイル作品。

原案・監督・キャラクターデザインを担当した、村上は本作について、「子どものころ夢中でみていたゴジラ、ウルトラマンなどの特撮の世界。そして大人になっても『スターウォーズ』やスピルバーグ、宮崎駿など、熱は冷めなかった。この作品はそれらの要素といまの日本の混沌をまぜこぜにした、新しいSFファンタジーです」とコメント。

実写+CGの融合で生み出される本作は、CGカットだけで約900カット強。1年以上かけての編集作業を施している最中で、今までの日本映画にはないスケールと世界観で贈る意欲作となっている。その想像をはるかに超える世界観で、既にシリーズ2作目『めめめのくらげ2』の制作にもかかっている本作。映画業界、アート業界を含め様々な方面で話題となっている。

世界のムラカミによる、新たなSFファンタジーとあれば、期待せずにはいられない。キャストは末岡拓人、浅見姫香、窪田正孝、染谷将太、黒沢あすか、津田寛治、鶴田真由、斎藤工。

映画『めめめのくらげ』ストーリー

主人公の小学生、正志(まさし)は、引っ越してきた新しい家に、見慣れない段ボールを見つけた。中から出てきたのはくらげの様な不思議な生き物。どこか愛くるしいその生き物を“くらげ坊”と名付け、次第に仲良くなっていく。リュックにくらげ坊を連れて転校先の学校に行くと、他の生徒も、大人には見えない不思議な生物=“ふれんど”を連れていた。いったい誰が何のために。そしてふれんどとは何なのか。

日本公開=2013年4月26日
配給=ギャガ
©Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD