三浦貴大 主演映画『サムライフ』で台本5ページ分の長セリフに挑戦!



三浦貴大[シネママニエラ]俳優の三浦貴大が奇跡の実話を描く映画『サムライフ』で主人公を務めることが明らかになり、意気込みを語った。

人々の心の傷と向き合い、教育現場に警鐘を鳴らす!

同作は、長野県上田市出身の元高等学校教員・長岡秀貴氏が、地元上田市で認定NPO法人「侍学園スクオーラ・今人(いまじん)」を設立するまでの経緯を記した同名原作をもとに、元高校教師が、理想とする教育現場を実現させるために元教え子らと共に奮闘する姿を描く感動作。

全編長野ロケを実施予定であり、3月29日にクランクインした際に三浦は「まずはこの作品に参加させていただくことになり大変嬉しいです」と喜びのコメント。そして「ナガオカという人物の、情熱や苦悩を一つ一つ丁寧に表現していけたらと思います。実はナガオカのようなキャラクターはこれまで演じることが少なかったので、自分でも非常に楽しみです。多くの人に愛される作品にするため、この映画に携わる人間の中のひとりとして持ちうる限りの力を注ぎ込めたらと思います」と意気込み、台本5ページ分の長セリフにも挑戦する。

なお、監督デビューとなる森谷雄監督は「20年以上プロデューサーを続けた自分ですが、最初で最後の映画監督業のつもりで撮影に臨もうと思います。6年前に出会った原作に惚れて、ずっと長岡先生役を演じられる俳優を探し続けて、ついに三浦貴大さんに出会うことが出来ました。夢は叶う!というメッセージと共に熱い作品にしようと思います」と意欲的だ。

ナガオカを支える若手役に松岡茉優、加治将樹、柾木玲弥、山本涼介といった今後の活躍が期待される若手俳優陣が結集し、さらに大杉漣、渡辺大、きたろう、マキタスポーツといった実力と個性を兼ね備えた面々が脇を固めている。

映画『サムライフ』特報

配給=ビターズエンド

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD