頭文字D『新劇場版Legend1 -覚醒-』予告編・本ポスター・キャスト情報が一挙解禁!

ニュース 映画予告編

[シネママニエラ]壮絶な公道最速バトルを通して“走り屋”たちの青春群像を描いてきた、しげの秀一原作の『頭文字D』を基にした3部作のアニメーション映画の公開が明らかになり、併せて予告編・本ポスター・キャスト情報も届いた。なお、5月16日より発売の前売り特典は、数量限定「秋名スピードスターズ」のステッカーとのこと。

映画『新劇場版「頭文字D」 Legend1 -覚醒-』
壮絶バトルを描く三部作第一弾
©2014新劇場版「頭文字D」製作委員会

映画『新劇場版「頭文字D」 Legend1 -覚醒-』の主人公・藤原拓海役に宮野真守。宮野は「拓海の想いをしっかり感じて、自分のできることに真っ直ぐ向かって演じました」ときっぱり。そして、拓海のライバル・高橋兄弟の弟、高橋啓介役には中村悠一、兄の高橋涼介に小野大輔、拓海の親友・武内樹を白石稔、クラスメイトの茂木なつきに内田真礼。拓海の父親である藤原文太には、平田広明が決定。

映画『新劇場版「頭文字D」 Legend1 -覚醒-』ストーリー

豆腐屋の息子で、ガソリンスタンドでバイトする高校3年生の藤原拓海。このところ、彼の周囲が妙に騒がしい。秋名山・峠下りのドリフト勝負で、赤城レッドサンズの代表・高橋啓介の駆る黄色のFD3Sが、謎のパンダトレノ(AE86/通称ハチロク)に軽々と抜き去られてしまったというのだ。まもなくして赤城レッドサンズは秋名山に集結し、あの勝負を目撃していた池谷をリーダーとする秋名スピードスターズに交流戦を持ちかけ、何と対戦相手にハチロクを指名してきた。池谷はかつて“秋名最速の走り屋”と謳われていた拓海の父・藤原文太の存在を知り、彼に交流戦の参加を頼み込む。しかし当日、池谷や啓介たちの前に現れたのは?!

映画『新劇場版「頭文字D」 Legend1 -覚醒-』予告編

©2014新劇場版「頭文字D」製作委員会

2014年 日本映画
日本公開=2014年8月23日
配給=松竹

公式サイト http://initiald-movie.com/

[amazonjs asin=”B00OB0PMM6″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”新劇場版 頭文字イニシャルD Legend1 -覚醒- 初回限定版 Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で