松井玲奈『gift』で凱旋、遠藤憲一が裏話を披露

映画予告編 映画会見/イベントレポート 映画作品情報
松井玲奈『gift』で凱旋、遠藤憲一が裏話を披露
監督、松井、遠藤(敬称略)

[シネママニエラ]映画『gift』が愛知県限定公開の初日を迎え、名古屋市の中川コロナシネマワールドにて6月14日、松井玲奈(SKE48/乃木坂46)、遠藤憲一、宮岡太郎監督が登壇し舞台あいさつを行った。観客は、劇中のキーアイテムでもある青い箱を持って駆けつけた。

家族も友人もいない孤独な二人が、スリ未遂事件の被害者と加害者として出会い交流する姿を捉えた感動のロードムービー。地域発信映画をコンセプトとするMシネマ第一弾として愛知県限定公開でスタートした本作。兵庫県生まれ、愛知県育ちの松井にとって凱旋を果たしたことになる。

劇中では普段と全く違う雰囲気の荒んだ女性を演じる松井のことを、ベテラン俳優の遠藤が、「松井さんは天才だね!」と絶賛。さらに「若い俳優さんとお仕事をさせて頂く事が多いんですが、心の中にあるものをポン!と出せるというのが素晴らしいです。この映画では素の松井さんを観る事ができます(笑)。劇中で、松井さんから『おっさん!』と呼ばれるシーンがあるのですが、すっごい良い演技だったんで、カットが掛かったら思わず、『松井さん、これが素でしょ』って突っ込んじゃいました(笑)」と明かすと、松井は即座に笑顔で「違いますよ」と全否定! 観客の前で、ふたりは劇中同様の掛け合いを披露するというサービスっぷり。

そんな松井が本作の題材に絡めて、欲しい才能を吐露。「運動ができないので」と語るやファンが爆笑するが。ひるまずに言い続ける松井。「運動能力が欲しいです! でも、劇中で角材で(相手役を)殴るシーンがあったんですが、あそこは思いっきり振って、綺麗にできたんでよかったです」自信たっぷりに語ったところ、監督が「あのシーンは、実際には殴らないでカメラアングルで殴っている様に撮るシーンだったんですが、松井さん、本当に当てちゃったんですよね。俳優さん痛がってましたね(笑)」と暴露して、さらに場を盛り上げていた。

映画『gift』はシネマコロナワールド系ほかにて公開中!

2014年 日本映画/120分
日本公開=2014年6月14日
配給=メディアミックス・ジャパン
公式サイト http://www.mmj-pro.co.jp/gift/
©2014 M cinema

[amazonjs asin=”B00MXV889Y” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”gift”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で