ジェイク・ギレンホール「葛藤や妥協は世界共通だと思う」

映画インタビュー 映画会見/イベントレポート

ジェイク・ギレンホール『複製された男』インタビュー[シネママニエラ]映画『複製された男』主演のジェイク・ギレンホールに話を聞いた。映画『灼熱の魂』『プリズナーズ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がメガホンを執り、ポルトガル唯一のノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの同名小説を映画化。大学で教鞭をとる主人公アダムの身に起きた出来事を描いていく。

――最初に、この企画のどこに魅力を感じたのかお聞かせください。

僕がこの映画に参加したいと思ったのはドゥニ・ヴィルヌーヴ(監督)が大変素晴らしい監督だからだ。そこで実際彼に会って映画の話をしたら、彼の思い描いていた世界は脚本を遥かに超越するものだった。人は成長する過程で多くの妥協をし、自身の何かを手放すことを余儀なくされる。けれど、自分を見失うほど妥協してはいけない。生きていくためには常にそのバランスが必要なんだ。人生を無駄にしないためにも、時には手放さなければいけないものもある、と。こういった葛藤や妥協は世界共通だと思うんだ。何かを欲することや、それに伴う葛藤、その過程で意識下では何が生じ、どのような決断を下すのか。その不可解で奇妙な道程にとても魅了されたんだよ。

――本作の主人公アダムとドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の共通点はありますか?

突き詰めれば、この話はドゥニ監督の夢想そのものだ。彼が創造した世界で、彼そのものと言える。ドゥニとアダムが共存するその世界の中を、アダムは語り手として彷徨っているんだ。苦悩は誰にでもあるようなことだと思う。他の人と比べて彼が異質だというわけじゃない。色んな意味で彼は夢の中を彷徨っているんだと思う。

――アダムとアンソニーという一人二役の演じ分けで心掛けたことは?

映画では、二人の外見にはあまり差をつけず、態度や行動でそれとわかるように心掛けた。見ればわかるけれど二人は別々の人間なんだ。でも“同じ動力源”で動いていると僕は理解しているよ。この物語は幾通りもの描き方があると思うんだけれど、最も困難で、かつ最も興味深い方法は二人をなるべく似せることだと思うんだ。肉体的な観点や、虚栄心を捨て去ることが大切で、出来ればこの映画の観客には、僕らが住む世界は、形而上学的なものなんだと伝えたい。

映画『複製された男』は、2014年7月18日よりTOHOシネマズ シャンテほかロードショー

R15+
2013年/カナダ・スペイン合作/90分
原題=ENEMY
日本公開=2014年7月18日
配給=クロックワークス、アルバトロス・フィルム
公式サイト http://fukusei-movie.com/
© 2013 RHOMBUS MEDIA (ENEMY) INC. / ROXBURY PICTURES S.L. / 9232-2437 QUEBEC INC. / MECANISMO FILMS, S.L. / ROXBURY ENEMY S.L. ALL RIGHTS RESERVED.

[amazonjs asin=”B00ONXX2SM” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”複製された男 (日本語、吹替用字幕付き) Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で