ベイマックス(原題 Big Hero 6 )ドン・ホール+クリス・ウィリアムズ監督



映画『アナと雪の女王』『シュガー・ラッシュ』のディズニーから、かけがえのない絆と限りない勇気を描く最高のエンターテイメントが誕生した。大切な人を亡くした時、ベイマックスはやってきた。人を傷つけることを禁じられた、優しすぎるロボットがあなたを守ります!

映画『ベイマックス』
ベイマックス© 2014 Disney. All Rights Reserved.

ベイマックス(原題 Big Hero 6 )ドン・ホール+クリス・ウィリアムズ監督

【内容】
日本文化から多くのインスピレーションを得た本作の舞台となる架空都市サンフランソウキョウは、最先端技術の科学者たちが集まる街。サンフランシスコと東京を融合して作られたという。究極ケアロボットのベイマックスは、フワぷにボディが特徴。

【キャスト】
[オリジナル]スコット・アディスト、ライアン・ポッター、ダニエル・ヘニー、T・J・ミラー、ジェイミー・チャン、ジェネシス・ロドリゲス、デイモン・ウェイアンズ・Jr
[日本語吹替え]菅野美穂、小泉孝太郎ほか

『ベイマックス』コンセプトアート
©2014 Disney. All Rights Reserved.

映画『ベイマックス』ストーリー

天才少年ヒロ・ハマダは幼い頃に両親を亡くし、優しさと愛情を惜しみなく注いでくれる兄のタダシとおばのキャスと暮らす。だが、最愛の存在であった兄は謎の爆発事故で帰らぬ人に。ヒロは大きな大きな心の傷を負い、深く心を閉ざしていまう。そんなとき、ヒロの前に突如現れたのは、空気で膨らんだ白くて大きな体を持つベイマックス――タダシが人々の心とカラダを守るために作ったケアロボット――だった。
ヒロの心の痛みをキャッチしたベイマックスは、「どのくらい痛いですか?」「泣きたい時は泣いていいのですよ」とちょっとおせっかいなほど、真剣にヒロのケアをはじめていく。

映画『ベイマックス』予告編

【ミニ情報】
・日本で世界に先駆けストーリーが解禁となるマンガ連載も実施
・コンセプトアートも公開(新しいソフトの開発により照明の描写を革新)
・ほのぼの一辺倒ではなく、壮大な冒険と勇気が描かれるストーリーが秀逸

[シネママニエラ]
[映画作品情報] imdb

2014年 アメリカ映画/108分
原題=Big Hero 6
日本公開=2014年12月20日
配給=ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイトhttp://www.disney.co.jp/movie/baymax.html
©2014 Disney. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD