藤野涼子主演『ソロモンの偽証』会見も裁判形式の全力ぶり

映画会見/イベントレポート

藤野涼子主演  『ソロモンの偽証』[シネママニエラ]映画『ソロモンの偽証』製作報告会見が11月12日に都内で行われた。会見に出席したのは、藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、尾野真千子、成島出監督、宮部みゆき(原作者)の総勢14名。題材でもある裁判に絡めて、この日の会見では報道陣が着席する会場の一角には、傍聴人席という張り紙が。そして、会場全体が見渡せる席には、スケッチブックを広げた法廷画家の姿も見受けられた。

映画『ソロモンの偽証』予告編

ベストセラー作家の宮部みゆき著の同名小説3部作の実写化映画として話題の本作は、成島出監督をはじめとする映画『八日目の蟬』チームが再結集し、2部作『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』となっている。

役名でデビューする藤野は、「このような場に立つことは初めてで、緊張してうまく喋れないかもしれないですが、どうぞよろしくお願いします」と初々しくあいさつ。「自分の中でこの感情を忘れたくないと思い、名前をいただきました。今後の目標は経験を積んでいく中で見つけられればと思います」としっかりと語った。

1万人のオーディションを経て本作に選抜されている。「(起用の)知らせを聞いたときは喜びというよりも緊張が先でした。演技の経験も少ないですし、大役を務められるのか不安でした。藤野涼子は人のことを良く考えて行動する役なので、そこを心がけて演じました」と役柄の分析と演じた際に心掛けたことを明かす。

成島監督は「真っ白になって痛々しいくらい純粋に演じてほしいと思い、子どもたちと心中しようと決めました」という覚悟を口にした。子どもたちを見守り、支えたキャストたちも、生徒役の全力っぷりに刺激を受けたと口々に思いを述べていた。

そんな藤野ら生徒に対して、原作者の宮部さんは「皆さんが成長してこんな立派になれて、『名前くらいで良いならどんどん使って!』という想いです。書き上げられて良かった、作家冥利につきるなと思います」と最大の賛辞とエールを送っていた。

2015年3月7日[土]より『ソロモンの偽証 前篇・事件』
2015年4月11日[土]より『ソロモンの偽証 後篇・裁判』

日本公開=2015年3月7日/4月11日
配給=松竹
公式サイト http://solomon-movie.jp/
©「ソロモンの偽証」製作委員会

[amazonjs asin=”B00Z8V93NQ” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ソロモンの偽証 事件/裁判 コンプリートBOX 3枚組 Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で