ソロモンの偽証<前篇・事件><後篇・裁判>|成島出×藤野涼子



U2 映画『ソロモンの偽証』主題歌[シネママニエラ]ベストセラー作家・宮部みゆき著「ソロモンの偽証」を、日本アカデミー賞ほか主要映画賞を30冠受賞した成島出監督をはじめとする『八日目の蟬』チームが再結集し、完全映画化した超大作映画『ソロモンの偽証』は前後篇2部作『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』として実写化。

主題歌は世界的アーティスト・U2の楽曲「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」(画像はU2「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」収録アルバム『ヨシュア・トゥリー』のジャケット)に決まった。U2の主題歌提供は日本映画史上初のこと。

役名でデビューを果たす主演の藤野涼子は「公開が近づくにつれ、大きな作品で主演をやらせていただいたんだという実感がようやく沸いてきました。初出演の映画の主題歌が世界的な有名バンドということで、曲も本当に素敵で、これもまた夢のようです」とコメント。

池田史嗣プロデューサーは、「世界的なアーティストであるU2の、しかも代表曲を日本映画で主題歌に使用すること、最初はどう考えても無理に決まっていると思いましたが、成島監督は本気でした。その熱意に突き動かされ、無謀にも直接メッセージを送ることを思い立ち、なぜ、我々の映画にこの名曲が必要なのか、ただひたすら夢中で喋りました。実現したことは奇跡だとしか思えません。オファーを受けてくれたメンバーに深く感謝します。魂が救われるようなボノの歌声と共に、嘘の中に込められた大いなる謎のその先にある最高の感動を、一刻も早く劇場でお客様に感じていただきたいと願うばかりです」と語る。

映画『ソロモンの偽証』あらすじ

クリスマスの朝、雪の校庭に転落死した男子生徒。警察は自殺と判断したが、殺人の目撃者を名乗る告発状が学校に届く。周囲に翻弄され疑心暗鬼になりつつも、真実をつきとめようと中学生たちが自らの手で前代未聞の校内裁判を開廷することを決意します。「何があっても、最後までやり抜くから」という藤野涼子のまっすぐな眼差しと決意が事件の核心へと迫るとき浮き彫りとなる衝撃の真実が白日の下に。

映画『ソロモンの偽証 前篇・事件』は2015年3月7日[土]より
映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』は2015年4月11日[土]より
配給=松竹
公式サイト http://solomon-movie.jp/
©「ソロモンの偽証」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD