ジョニー・デップとの共演を赤ずきん役リラ・クロフォードが語る

ニュース 映画予告編

リラ・クロフォード[シネママニエラ]おとぎ話の主人公たちのその後を描いた、ディズニーによる大人のためのミュージカル映画『イントゥ・ザ・ウッズ』で、赤ずきん役を演じたリラ・クロフォードが、オオカミ役のジョニー・デップとの共演を語った。リラは舞台女優で、ブロードウェイ版アニーを演じていた実力派だ。

『イントゥ・ザ・ウッズ』のワールドプレミアが12月8日(現地時間)、ニューヨークのジーグフェルド劇場で華やかに催されたので、リラ・クロフォードを直撃すると、「日本のメディアなのね! わー、クールね! 私の学校にも、日本人の友達がたくさんいて、日本語教えてくれるのよ!“こんにちは”“お元気ですか?”であっているかしら?」と、とてもフレンドリーな応対をしてくれた。

日本でもジョニー・デップは大人気だと知ると、たっぷり語ってくれた。「彼は誰に対しても優しいの。現場でも一人一人に握手をして、『ハロー、ジョニー・デップです。はじめまして』って挨拶をして回っていたわ。すごくやさしくて、クールな人だったから、あのジョニー・デップと話しをしているということを忘れてしまったくらい。彼は本当にいい人だったから、彼が悪くて意地悪なオオカミを演じていることを忘れてしまうほどだったのよ。会うのは初めてだったから、現場ではおしゃべりをたくさんしたわ。ほかの映画での現場の話もたくさん聞かせてくれたの。それで「常に謙虚でいること」と「ハリウッドでの名声やビジネスの世界に囚われすぎないようにすること」を学んだわ」と明かした。

そんなリラ・クロフォードが一番印象に残っていることとして、「バケツ一杯に入っていた葉っぱが、うっかり私の頭に落ちてきたのね。そうしたら、ジョニーが一枚一枚その葉っぱを取り除いてくれたのよ。それは最高だった」と笑顔で語った。ちなみに「日本にこの作品で行く予定なの!」ということなので、楽しみにしたい。

映画『イントゥ・ザ・ウッズ』は、2015年3月14日[土]より全国ロードショー

映画『イントゥ・ザ・ウッズ』特別映像

アメリカ映画/124分
原題=Into the Woods (2014)
日本公開=2015年3月14日
配給=ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
©2014 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.

[amazonjs asin=”B00WYREMBA” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”イントゥ・ザ・ウッズ MovieNEX ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で