どうなる?「24-TWENTY FOUR-ファイナルシーズン」ジャックが語る!

ニュース 映画会見/イベントレポート
キーファー・サザーランド(Kiefer Sutherland)
キーファー・サザーランド(Kiefer Sutherland)

[シネママニエラ]海外ドラマ「24」シリーズのジャック・バウアー役キーファー・サザーランドが5年ぶりに来日し、『24』ファン感謝祭に出席した。

ファイナルシーズンはどうなるの?

キーファー・サザーランド「父として、娘のキムに与えられなかった事を、孫にしてあげたいというジャックの思いがある。そんなとこからシーズン8は始まるんだ。話が進むに従って、想像通り、あまり良い方向には行かないが、どうやったら自分が孫のため、娘のために戦えるかと苦悩する」。

キーファー・サザーランド「自分に孫がいるから演じる際に役だったということは基本的にはないよ。それから孫を演じた子役はとても可愛い。(自身の)娘はもう大学を出ているから、クレヨンで絵を書くのは、昔、娘としたことを思い出していた」。

ストーリー
国連本部では、中東の革新家と謳われるハッサン大統領の核兵器開発中止声明発表に向けて、米大統領テイラーとの最終交渉が行われていた。
ジャックは、療養を終え、娘のキム夫妻とともに暮らすために、LAへ向かおうとしていた。そんなときに、情報屋からジャックに対し「ハッサン大統領暗殺」の知らせがくる。

「24-TWENTY FOUR-ファイナルシーズン」は、2010年12月23日に発売。

[amazonjs asin=”B003RITZ26″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”24 -TWENTY FOUR- ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で