全編謎だらけ?! 映画『メイズ・ランナー』でサバイバル体感



[シネママニエラ]生き残りたければ、巨大な迷路(メイズ)の謎を解け!と挑発するサバイバル映画『メイズ・ランナー』の予告編が解禁になった。ジェームス・ダッシュナー著のティーン向けのベストセラーSF小説を映画化した本作は、既に全世界55か国で1位という大ヒットを記録している。

映画『メイズ・ランナー』(ウェス・ボール監督)
©2014 Twentieth Century Fox Film.

本作のウェス・ボール監督は、全編に渡って謎に包まれた物語のヒントを語る。「僕は、世界を創造するような映画が好きで、本作はまさに理想どおりだ。最初は少年たちが作った”グレード” (迷路の空き地)で始まり、次は壁の向こうの迷路という広大な世界へ進む。まったく違う状況になるんだ」と。

映画『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』作品情報
映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』作品情報

物語の要となる巨大迷路は、約5メートルの壁を実際に撮影スタジオに建設。視覚効果を加えて、約30メートルのド迫力に。しかも約3トンの扉を移動させながら撮影した。

主人公トーマスを演じるのは、次期スパイダーマン役の候補にも挙げられた注目の俳優ディラン・オブライエン。さらに『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作のヒロインに抜擢された女優カヤ・スコデラリオ。ウィル・ポールターやアムル・アミーンとともに映画『ラブ・アクチュアリー』の名子役から成長したトーマス・ブロディ=サングスターら若手キャストのアンサンブルも見どころのひとつ。撮影前にキャストたちは、嵐の中での野宿生活をするなどサバイバル・トレーニングを敢行。その成果がスクリーンに映し出される。既に続編の製作も決定。

映画『メイズ・ランナー』あらすじ

カヤ・スコデラリオ高い壁に囲まれた巨大な迷路。その扉は朝になると開き、夜が訪れる前に閉じられる。そして夜の間、迷路はその構造を変化させ、二度と同じ道順は出現しない。エリアには月に一度、生活物資とともに新しいランナーがゴンドラによって送り込まれてくる。ほとんどの記憶を失うなか、唯一のアイデンティティは自分の名前だけというランナーたち。コミュニティを形成して選ばれた数名が迷路の構造を調べ、この地からの脱出法を探す。

アメリカ映画/113分
原題=The Maze Runner (2014) IMDb
日本公開日=2014年5月22日[金]
配給=20世紀フォックス映画
公式サイト
© 2014 Twentieth Century Fox Film.

2015年03月13日 掲載
2015年07月29日 更新[DVD_Blu-ray]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD