塔の上のラプンツェル(原題: Tangled )

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』V2首位!【予告編付き11月28日全米トップ10】

映画予告編

11月の第4木曜日からの感謝祭期間のアメリカの週末興業ランキングをお届けします。「ハリー・ポッター」シリーズは首位をキープ。初登場でランキング入りをはたしたのは、ディズニーのアニメ、クリスティーナ・アギレラ初主演作、「バイアグラ」セールスマンの奮闘記、ザ・ロックの復讐劇。なお、本年の賞レース参戦が確実視されている『英国王のスピーチ』は、4館の限定公開ながら26位と大健闘しています。

塔の上のラプンツェル(原題: Tangled )
©Disney Enterprises, Inc.

1.『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』
[Harry Potter and the Deathly Hallows] Part 1 (Warner Bros)公開2週目  [4,125 館]

【関連記事】
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』 来日会見

日本公開(PART 1)=2010年11月19日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト http://deathly-hallows.jp/

2. 『塔の上のラプンツェル』
[Tangled] 3D (Disney) 初登場/NEW [3,603 館]

『塔の上のラプンツェル』予告編

“髪長姫”としても知られるグリム童話のヒロインを描く『塔の上のラプンツェル』。同作はウォルト・ディズニー生誕110周年となる年に公開されるディズニー長編アニメーション第50作記念作品。
深い森に囲まれた高い塔の上に暮らすラプンツェル。魔法の長い髪を持つ彼女は、18年間一度も塔の外に出たことがなかった。そんな彼女の夢は、自分の誕生日になると夜空いっぱいに現れる“不思議な灯り”の正体を確かめること。塔に忍び込んだ大泥棒フリンとの出会いをきっかけに、魔法の髪に導かれたラプンツェルの初めてづくしの旅が始まる。その先には、彼女自身の秘密を解き明かす、思いもよらぬ運命が待ち受けていた!

日本公開=2011年3月12日
配給=ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト http://www.tounoue.jp/
©Disney Enterprises, Inc.

3. 『メガマインド』
[Megamind] 3D (DreamWorks Animation/Paramount) 公開 4週目 [3,401 館]

『メガマインド』の内容は、(11/7全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年春
配給=パラマウント
公式サイト

4. 『バーレスク』
[Burlesque] (Screen Gems/Sony) 初登場/NEW [3,037 館]

『バーレスク』予告編

『バーレスク』試写会&作品紹介
『バーレスク』クリスティーナ・アギレラ来日会見

日本公開=2010年12月18日
配給=ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト http://www.burlesque.jp/

5. 『アンストッパブル』
[Unstoppable] (Fox) 公開 3週目 [3,183 館]

『アンストッパブル』の内容は、(11/14全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年1月7日
配給=20世紀フォックス映画
公式サイト http://www.unstoppable.jp/

6. 『ラブ・アンド・アザー・ドラッグス(原題)』
[Love And Other Drugs] (Fox) 初登場/NEW [2,455 館]

『ラブ・アンド・アザー・ドラッグス』予告編

原作者ジェイミー・レイディが、バイアグラの売り込み方から効果まで赤裸々に語る著書『涙と笑いの奮闘記──全米セールスNo.1に輝いた”バイアグラ”セールスマン』を基に映像化。ジェイク・ギレンホールとアン・ハサウェイの再共演も話題です。
原作者へのインタビュー記事(Newsweek日本版)

7.『ファスター(原題)』
[Faster] (CBS Films/Sony) 初登場/NEW [2,454 館]

『ファスター』予告編

ザ・ロックが主演の復讐劇。監督は『ソウル・フード』『ザ・ダイバー』のジョージ・ティルマン・Jr。

8. 『デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~』
[Due Date] (Warner Bros) 公開 4週目 [2,455 館]

『デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~』の内容は、(11/7全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年1月22日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/duedate/index.html

9. 『ザ・ネクスト・スリー・デイズ(原題)』
[The Next Three Days] (Lionsgate) 公開 2週目 [2,564 館]

『ザ・ネクスト・スリー・デイズ』の内容は、(11/21全米興行トップ10)にて

 

10. 『恋とニュースのつくり方』
[Morning Glory] (Paramount) 公開3週目 [2,441 館]

『恋とニュースのつくり方』の内容は、(11/14全米興行トップ10)にて

【関連記事】
映画『恋とニュースのつくり方』(原題:MORNING GLORY)2011年2月日本公開が決定!

日本公開=2011年2月日
配給=パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公式サイト http://www.koi-news.jp/

※数字は( http://www.boxofficemojo.com/ )より

[amazonjs asin=”B004LKRQ84″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”塔の上のラプンツェル DVD+ブルーレイセット Blu-ray Blu-ray (2011) ディズニー Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で