『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』初登場首位!【予告編付き11月21日全米トップ10】

映画予告編

ハリー・ポッターと死の秘宝 
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. HARRY POTTER PUBLISHING RIGHTS © J.K.R.
『ハリー・ポッター』シリーズの映像化7作目にして、最終章の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』がぶっちぎりの首位となりました。配給の発表によれば、全米の興収1億2510万ドルというシリーズ史上オープニング新記録樹立したとか。
ほかにはナオミ・ワッツとショーン・ペンの社会派スリラーと、8年ぶりに来日中のラッセル・クロウが、主演したサスペンス映画がランキング入りしました。

1.『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
[Harry Potter and the Deathly Hallows] Part 1 (Warner Bros)初登場/NEW  [4,125 館]

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』予告編
【関連記事】 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』 来日会見

日本公開(PART 1)=2010年11月19日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト http://deathly-hallows.jp/
c2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
HARRY POTTER PUBLISHING RIGHTS c J.K.R.
HARRY POTTER CHARACTERS, NAMES AND RELATED INDICIA ARE TRADEMARKS OF AND c WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED
2. 『メガマインド』
[Megamind] 3D (DreamWorks Animation/Paramount) 公開3週目 [3,779 館]

『メガマインド』の内容は、(11/7全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年
配給=
公式サイト

3. 『アンストッパブル』
[Unstoppable] (Fox) 公開2週目  [3,209 館]

『アンストッパブル』の内容は、(11/14全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年1月7日
配給=20世紀フォックス映画
公式サイト http://www.unstoppable.jp/

4. 『デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~』
 [Due Date] (Legendary Pictures/Warner Bros) 公開3週目  [3,229 館]

『デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~』の内容は、(11/7全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年1月22日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/duedate/index.html

5.『スリー・デイズ』
[The Next Three Days](Lionsgate) 初登場/NEW  [2,564 館]

『ザ・ネクスト・スリー・デイズ』予告編

フランス映画『すべては彼女のために』のハリウッド・リメイク作。監督は『クラッシュ』のポール・ハギス。

6.『恋とニュースのつくり方』
[Morning Glory] (Paramount) 公開2週目  [2,544 館]
『恋とニュースのつくり方』の内容は、(11/全米興行トップ10)にて

【関連記事】映画『恋とニュースのつくり方』(原題:MORNING GLORY)2011年2月日本公開が決定!

日本公開=2011年2月日
配給=パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公式サイト
http://www.koi-news.jp/

7. 『スカイライン-征服-』
[Skyline] (Relativity/Universal) 公開2週目  [2,883 館]

『スカイライン-征服-』の内容は、(11/全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年6月18日
配給=松竹
公式サイト
c

8. 『RED/レッド』
[Red] (Summit) 公開6週目 [2,034 館]

『RED/レッド』の内容は、(10/17全米興行トップ10)にて

9. 『フォー・カラード・ガールズ(原題)』
[For Colored Girls] (Lionsgate) 公開3週目 [1,216 館]


『フォー・カラード・ガールズ』の内容は、(11/7全米興行トップ10)にて

10.『フェア・ゲーム(原題)』
[Fair Game] (2010) (Summit) 公開3週目[386 館] http://www.boxofficemojo.com/ )より

ナオミ・ワッツとショーン・ペンが主演したアクションスリラー。上映館が増え、公開3週目にしてランキング入り。『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs.スミス』のダグ・リーマン監督による新作で、カンヌ映画祭コンペティション部門にも選出された。
2003年に実際にアメリカで起きた「プレイム事件」政権の情報操作を指摘した米元外交官の妻であるが、実は米中央情報局(CIA)のエージェントであることがマスコミに漏洩、暴露された事件を基に、夫は妻のために政府を敵に奮闘する様を描く。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で