『リング』×『呪怨』Jホラー激突!映画『貞子VS伽椰子』公開決定

ニュース
映画『貞子VS伽椰子』ポスター
『貞子VS伽椰子』。。ぜひとも実現させて

[シネママニエラ]Jホラーを牽引し世界水準に押し上げた2大巨頭の『リング』シリーズと『呪怨』シリーズが、2016年遂に激突! ファン待望の映画『貞子VS伽椰子』の公開決定が公表となった。

1998年からスタートし、大ヒットを記録し続ける『リング』シリーズは、人の網膜から侵入するリングウィルスで大量増殖を繰り返す貞子と、1999年からスタートし、“その呪いに触れたモノは命を失い、新たな呪いが生まれる”という怨念の根元・伽椰子。配給会社の壁を越え、全世界注目のドリームマッチが実現! 貞子はどこから出るのか、伽椰子はどのように這い降りるのか。ウィルスVS呪いのバトルの軍配はいかに!?

しかしながら実はこのポスター、本日4月1日エイプリルフール限定のジョーク企画。ポスター上部のコピーの色を追うと「映・プ・リル」に。また、下部の公開表記は『リング』公開時のフレーズ「きっとくる!」に続けて「きっとフール(ウソ)!」と。さらに、ポスター中央のコピー「1日」を「イチニチ」と読まず「ツイタチ」と読めば。なるほど!という内容。

この企画は、今年6月公開の新作で最終章を迎える『呪怨 -ザ・ファイナル-』の宣伝チームが、「この素晴らしいシリーズが終わってしまうのは悲しい。もし次回作があるとしたら何が面白いか」と酒を飲みながらバカ話をしている時にたどり着いたもの。しかも、その翌日に「エイプリルフールの企画」として、映画『貞子3D』を配給する会社KADOKAWAに打診すると、そこは映画業界のノリ?!で、アイデアを快諾。配給会社をまたいだネタ企画が成立した、という流れ。

エイプリルフール1日のネタにも関わらず、デザイナーも本気で挑み、圧倒的クオリティのビジュアルが完成。「本日限りのこのジョーク、是非この夢の頂上決戦のストーリーに皆様思いを馳せていただきたい」と呼びかける。ぜひとも実現させてほしい企画なのだが。

なお、本ポスターは全国のT・ジョイ系の劇場、イオンシネマにて掲出される予定だ(一部劇場を除く)。この発表にあわせ『貞子VS伽椰子』のティザーサイト(www.sadako-vs-kayako.jp)も期間限定で開設する気合の入りかた・・・脱帽。

【こちらの記事はエイプリルフール限定企画です】

映画『呪怨 -ザ・ファイナル-』

『呪怨』シリーズの最終章。小学校教師をしている妹・結衣の失踪を聞いた姉の麻衣(平愛梨)は、結衣が頻繁に「佐伯俊雄」という不登校の生徒の家を訪れていたことを知る。何か手がかりを得られないかと麻衣は「佐伯俊雄」の居場所を捜索し始める。しかし、その日から麻衣の周りで不可解な事が起こり始める・・・。
監督・脚本:落合正幸
出演:平愛梨、桐山漣、おのののか、柳ゆり菜、松浦雅 ほか
2015年/日本/カラー
映画『呪怨 –ザ・ファイナル-』は2015年6月20日[土]より新宿バルト9ほか全国公開

配給=ショウゲート
公式サイト http://www.juon-movie.jp/
©2015『呪怨 –ザ・ファイナル-』製作委員会

[amazonjs asin=”B00GX11158″ locale=”JP” title=”貞子3D2 貞子の呪い箱弐 「本編ブルーレイ(3D/2D)・スマ4D(スマホ連動版)DVD・特典DVD入り3枚組」(数量限定生産) Blu-ray”]

[amazonjs asin=”B00MOD2MKW” locale=”JP” title=”呪怨 劇場版 Blu-ray最恐BOX”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で