前田敦子『イニシエーション・ラブ』モテ仕草を堤監督が伝授



前田敦子、堤幸彦監督[シネママニエラ]映画『イニシエーション・ラブ』の完成会見が4月20日、都内で行われ、主演の松田翔太、前田敦子、木村文乃、堤幸彦監督が出席した。前田は、役作りでタバコを吸うシーンのために軽く吸ったり火のつけかたを練習したり、また堤監督からはモテ仕草を伝授されたことを明かした。

松田翔太「バレンタインにカリカリ梅チョコの真意は?」

堤監督は、女性の首の傾げ方には一過言あるらしく、前田が演じたマユ役の「小首をかしげる時は、分度器で首の角度決めた」と冗談めかして真面目に語る。すると、前田も「役作りは80年代のアイドルを参考にして、前髪をあつめにして。監督からは『姿勢を良く』とも言われました」と振り返る。着座して椅子の背もたれを使わないようにしていたという。そんなマユの「可愛いところを監督が拾ってくれました」とにっこり。

それらすべては男が惚れ込んでいくための必須要素。そんな監督こだわりのヒロイン像について、松田は「(前田と木村が演じたふたりの女性どちらも)好きです。映画を観ていただければ、そうなる気持ちはわかってもらえる」として、男心を捉え、ツボにはまっていた様子。監督の狙いは成功したことを伺わせてた。

本作は映像化不可能とされた、乾くるみ著の小説を実写化。80年代の東京と静岡を舞台に展開する恋愛模様と、ラスト5分の衝撃に刮目!

日本公開=2015年5月23日
配給=東宝
公式サイト http://www.ilovetakkun.com/
©2015 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD