長澤まさみ、映画『コンフィデンスマンJP』は「ロマンス編!ダー子の恋模様を楽しんで」



長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、小手伸也が4月7日、映画『コンフィデンスマンJP』の公開を控えて、お台場のフジテレビマルチシアターで開催された「ドラマを時系列順に見れちゃうイッキ見」イベントに揃って出席。信用詐欺師(コンフィデンスマン)のダー子を演じた長澤は「映画はロマンス編となるのでダー子の恋模様を楽しんで」と呼びかけた。

左から小日向文世、長澤まさみ、東出昌大、小手伸也
左から小日向文世、長澤まさみ、東出昌大、小手伸也
©2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

脚本家・古沢良太が、ダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)、五十嵐(小手)といった個性豊かなコンフィデンスマンの活躍を描くオリジナルの脚本で人気を博した「コンフィデンスマン JP」。映画は香港を舞台に豪華ゲストを迎えて新たなコンゲームが展開していく。

映画『コンフィデンスマンJP』ドラマ版イッキ見イベント
お約束の「誰がやるの?」「どうぞどうぞ」のやりとりも生披露
©2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

この日のイベントは同作ファンクラブ「ダー子の子猫club」(公式サイトから加入できる)の告知で、「第4回 子猫ちゃんたちの集い ~ドラマを時系列順に見れちゃうイッキ見編~」という位置づけ。ドラマ版の撮影秘密や、映画の最新映像のお披露目を行った。さらに、本作に関するマニアックな問題に答えるクイズ大会「子猫ちゃんたちの挑戦状」も実施され、優勝者1名にはキャスト4名のサイン入り非売品マスコミ用プレスと特製ブックが贈呈された。問題は「斑井父が書いた書籍「幻を求めて」の読者は誰?」など難題揃い。

長澤まさみ、映画『コンフィデンスマンJP』はロマンス編!「ダー子の恋模様を楽しんで」
クイズ大会「子猫ちゃんたちの挑戦状」優勝者へ記念品を贈呈
©2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

長澤まさみ、映画『コンフィデンスマンJP』は「ロマンス編!ダー子の恋模様を楽しんで」

ドラマ全10話(総尺8時間28分)をオンエア順ではなく物語の時系列順でイッキ見したばかりとあって、長澤は「今日は本当に長い時間、お付き合いくださいましてありがとうございます。楽しんでいただけましたでしょうか」と気遣い、元気に拍手で答える観客に対して「皆さんの元気がまだ残っていて良かったです!」ととびきりの笑顔を見せる。そして、ドラマ各話のタイトル同様に「映画は「ロマンス編」としているので、私はやはりダー子の恋模様を注目してもらいたいです」と見どころを強調した。

観客からの質疑では「お気に入りの変装」を問われ、「寿司屋いいだばし 六郎太の大将」(小日向)、「第一話の心人(ハート)、それとパク・ジロウ」(東出)、「常滑富子(とこなめ・とみこ)」(長澤)と答えた。また、東出は長澤の「美術商編の王秀馥(ワン・ショウフー)と映画マニア編の喫茶店の節子が好き」だと明かし、小日向は「マリリン・モンローも良かった」と打ち明けた。

小手伸也、手を使わずに立ち上がるの図
小手伸也、手を使わずに立ち上がるの図
©2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

なお、小手は「スーパードクター編」の血を見ると倒れちゃうドクターで「(演じた五十嵐が)唯一偽名を使ったダニエル・ヨー」をあげた。しかも「人生初のカラーコンタクトもはめたのに誰にも(カラコンを)気づいてもらえなかった」とすねてみせ、「(外科医だから)手をつかわないで起き上がる動きもしたのに総てカットされていた」とボヤいて、客席に笑いをもたらした。

映画は5月17日より公開し、翌5月18日21時からはスペシャルドラマ「コンフィデンスマンJP 運勢編」が放映されるという。

映画『コンフィデンスマン JP』(東宝 配給)は2019年5月17日[金]より全国公開
©2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

映画『コンフィデンスマン JP』予告編

映画『コンフィデンスマン JP』公式サイト
「コンフィデンスマンJP Blu-ray BOX」をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD