森博嗣著「すべてがFになる」ノイタミナにてアニメ化



「すべてがFになる」(漫画:霜月かいり)[シネママニエラ]森博嗣著の理系ミステリー小説「すべてがFになる」が『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』としてテレビアニメ化され、2015年10月よりフジテレビ「ノイタミナ」ほかにて放送開始する事が発表された。制作はA-1 Pictures、監督は神戸守、キャラクター原案は浅野いにお、音楽は川井憲次。

また、同時に「すべてがFになる」(漫画:霜月かいり)と「四季」(漫画:猫目トーチカ)2作のコミカライズ企画も進行。第一弾は「ARIA」7月号(5月28日発売号)より、第二弾が「ITAN」26号(6月5日発売号)にて。

霜月かいり「すべてがFになる」

「沢山の方に愛されている『すべてがFになる』の世界観を壊さないように、 それでいて新しい発見がある作品にできるようにがんばります!」

猫目トーチカ「四季」シリーズ

「原作が様々な解釈を許してくれる物語なので、 私が感じた「四季」をきちんと描ければと思います。 頑張ります!」

「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」あらすじ

天才プログラマの真賀田四季は、少女時代から孤島の研究所で、完全に隔離された生活を送る。四季に一目会いたいと、 その研究所を訪れた、那古野大准教授・犀川創平と彼の教え子・西之園萌絵は、そこである事件――誰も出入り出来ないはずの四季の部屋から現れた、ウエディングドレスを纏い両手両足を切断された死体――に遭遇する。この密室殺人の真相に犀川と萌絵が挑む。

同原作を実写化した、フジテレビ系ドラマ「すべてがFになる」は武井咲×綾野剛で昨年放映された。

「すべてがFになる」PV

©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD