見逃さなくて良かった!2010年の映画たち【洋画編】

ニュース

映画『モンガに散る』ポスター[シネママニエラ]映画ライターをしていると、よく聞かれるのが「年間何本観ますか?」という質問。 そこで仕事目線を抜きにして、個人的に見逃さなくて良かった!という2010年の映画たち【洋画編】

ちなみに「年間何本?」の質問には、筆者の場合は正直数えていないため、400本程ではないかと。目安として、一日最高で4作品、平均2~3作品と答えています。

が、その場所は点在しているので、移動時間を含めると、いかに効率よく作品を観るかというスケジューリング力も必要なんです。同業者から良作との評判を聞きながらも、スケジューリングに失敗して見逃してしまったりすることも。

ま、そんな筆者が「見逃さなくて良かった!」と思った、2010年公開の映画を10作品【洋画編】です。

1月&9月
「ミレニアム」シリーズ で1作とカウント
『ミレニアムドラゴン・タトゥーの女』
『ミレニアム2 火と戯れる女』
『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』

3月
『息もできない』

4月
『第9地区』

5月
『グリーン・ゾーン』

7月
『ぼくのエリ 200歳の少女』

8月
『ヒックとドラゴン』
『瞳の奥の秘密』

9月
『ベンダ・ビリリ!~もう一つのキンシャサの奇跡』

10月
『冬の小鳥』

12月
『モンガに散る』 http://www.monga-chiru.com/

[amazonjs asin=”B0051DPN6M” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ヒックとドラゴン スペシャル・コレクターズ・エディション Blu-ray”]

[amazonjs asin=”B004SFUDRI” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”モンガに散る スペシャル・エディション Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で