ディズニー/ピクサー『アーロと少年』は文明と言葉をもつ恐竜が主人公



映画『アーロと少年』(ピーター・ソーン監督)
© 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
[シネママニエラ]ディズニー/ピクサーの最新作『The Good Dinosaur(原題)』が邦題『アーロと少年』として日本公開となる。

ディズニー/ピクサーは映画『トイ・ストーリー』のおもちゃの世界、映画『モンスターズ・インク』のモンスターの世界に、『ファインディング・ニモ』の海の中の世界など、イマジネーションあふれる夢の世界を描き、世界中に感動を贈り届けてきた。

長編第16作目となる本作の舞台は、「もしも、隕石が地球に衝突せず、恐竜が絶滅をまぬがれていたら?」という、かつてない壮大なスケールで描かれる驚きの世界だ。壮大な自然を舞台に、見た目も性格も正反対なひとりぼっちの同士のふたりの出会いから始まるアドベンチャー作品になっている。

地球に衝突するはずだったの巨大隕石が、大きな恐竜たちが平和に暮らす地球へ目掛け飛んで来る。が、その巨大隕石は地球を華麗にスルー! 気がつかないうちに絶滅をまぬがれた恐竜たちは、大自然の中で繁栄・進化し文明と言葉を持つようになり、『アーロと少年』では言葉をもたない人間たちと恐竜が共存する地球が描かれる事がわかる。

映画『アーロと少年』あらすじ

はるか何千万年の昔、隕石が地球にぶつかり恐竜は絶滅したはずだった。でも、もしも隕石が衝突しなかったとしたら? ――そこは、絶滅をまぬがれ文明と言葉をもつ恐竜たちが、言葉をもたない人間たちと共存する地球。そこで、体は大きいが臆病で甘えん坊の恐竜アーロ(レイモンド・オチョア)と、言葉を持たない一人ぼっちの少年スポット(ジャック・ブライト)が出会う。

[スタッフ]
監督=ピーター・ソーン 短編『晴れ ときどき くもり』監督・脚本
脚本=Enrico Casarosa『カールじいさんの空飛ぶ家』『レミーのおいしいレストラン』ストーリーボード、ボブ・ピーターソン『ファインディング・ニモ』脚本
製作=デニス・リーム
製作総指揮=ジョン・ラセター
[キャスト]
レイモンド・オチョア、ジャック・ブライト、ルーカス・ネフ、ジョン・リスゴー、フランシス・マクドーマンド、ビル・ヘダー、ニール・パトリック・ハリス

アメリカ映画/93分
原題=The Good Dinosaur(2015)IMDb
全米公開=2015年11月25日
日本公開=2016年3月12日
配給=ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/arlo.html
© 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

2015年07月26日 掲載
2015年11月11日 更新[特別映像|日本版ポスター]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD