映画『日本のいちばん長い日』初日に親族が当時の秘話を明かす

映画会見/イベントレポート

映画『日本のいちばん長い日』初日舞台挨拶[シネママニエラ]映画『日本のいちばん長い日』の公開初日となる8月8日、主演の役所広司、本木雅弘、松坂桃李、神野三鈴、そして原田眞人監督が登壇する舞台挨拶を実施し、鈴木貫太郎首相のお孫さん、阿南惟幾さんのご子息より当時の秘話が明らかになった。監督は「8月8日は、これから僕にとって『日本のいちばん長い日』の開戦日にしたい」と気炎(きえん)を吐く。

主人公・阿南惟幾陸相を演じた役所が「本日は暑い中、たくさんある映画の中でこの映画を選んで下さりありがとうございます」。昭和天皇役の本木は「ふだん私の仕事に興味を持たない17歳の息子が、珍しく『この映画は観たい』とのことで、実は今(舞台挨拶直前の上映回を)観ておりました。どんな感想が聞けるのか、楽しみにしております(笑)」とコメント。

若き将校を演じた松坂は「役者として僕自身としても非常に大きな経験というか、意味になりました」、神野は「この(映画で描かれている)戦争を生き抜き、いま私達がこうしてここに立っていられることを、ご先祖に大変感謝しております」と述べた。

原田監督は、劇中の主要人物たちの人間関係について、監督は「この映画の中で鈴木貫太郎さんを父に、阿南が長男、昭和天皇が次男というように、ひとつの擬似家族として三人がでてくるところ。最初の回想シーンで昭和天皇の裾を阿南が直すシーン、鈴木首相の(論語の言葉である)鞠躬如の動きで聖断を仰ぐシーンなど、この三人が一緒になっている構図は僕自身この映画の核だと思っております」

阿南惟幾さんのご子息・惟正さんのお手紙を紹介。「当時(この戦争は)ソ連まで敵に回って勝てるのですか」と聞いた惟正さんに対し、「日本が負けることはない。君たちはしっかり勉強していれば良いのだ」と温顔で答えてくれたのが、最後の対話だったこと。そして「父の死は妹や弟たちと一緒に母から聞き、悲しみと同時にこの戦争(の行方は)はどうなるのか?と不安になった」という想いが明かされた。

神妙な面持ちで聞いていた役所は「日本の未来を信じて戦争を戦った方と、戦争に終止符を打つのに尽力された方が、いまのこの日本に満足してくれているかどうかはわかりませんが、その方たちによって生かされているということは明らかで、この映画に参加させていただき実感いたしました。阿南さんのご子息が、この映画について語ってくださることに、本当に感謝しております」と答えた。

さらに、鈴木貫太郎首相の孫・鈴木道子さんが駆けつけ、「今まで(他の映画で描かれていた貫太郎)は“枯れたおじいさん”いう感じで、少し寂しいように感じていましたが、この映画では山﨑努さんが名演技で、終戦をまとめる役をやってくださいました」と語り、「(貫太郎が)首相就任の話を受けた時のことについて、よく『戦争を継続するつもりで就任したのですか?』と外国の記者の方から聞かれるのですが、祖父は当時連合国へ降伏し、売国奴と言われていたイタリアの首相『バドリオになるぞ! 』と話していたので、最初から自分が戦争を収めるつもりだったと思います」と、当時の鈴木首相の覚悟について、家族だけが知る貴重なエピソードが披露された。

映画『日本のいちばん長い日』公開中

【関連記事】
歴史大作『日本のいちばん長い日』で明かされる運命の日の真実
【動画】役所広司 本木雅弘 松坂桃李 堤真一 山﨑努が映画『日本のいちばん長い日』を語る

[amazonjs asin=”B016MBT254″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”日本のいちばん長い日 Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で