歴史大作『日本のいちばん長い日』で明かされる運命の日の真実



[シネママニエラ]原田眞人監督が、日本の歴史上最も重要で、かつ“いちばん長い日”と、日本の未来を信じ、平和への礎を築く為に身を挺した男たちのドラマを描く歴史大作映画『日本のいちばん長い日』の特報映像が到着。

映画『日本のいちばん長い日』(原田眞人監督)
©2015『日本のいちばん長い日』製作委員会

本作の原作は、半藤一利著の「日本の一番長い日 決定版」。また「昭和天皇実録」を参考に、昭和天皇とともに戦争を終結に導いた鈴木貫太郎首相の姿を描く半藤一利著「聖断」の要素も加え、今だからこそ描ける歴史の真実に迫る。

太平洋戦争末期、日本がポツダム宣言を受諾し終戦を迎える1945年。昭和天皇が、降伏を決定した8月14日正午から、天皇自ら玉音放送で国民に終戦を知らせた8月15日正午、その24時間にいったい何があったのか。

映画『日本のいちばん長い日』場面写真
©2015『日本のいちばん長い日』製作委員会

7年振りのスクリーン復帰となる俳優の本木雅弘演じる昭和天皇も登場。国民を想って平和を求める天皇を一心に演じる。そのほかキャストは役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤真一、山﨑努ら、ベテランから躍進目覚しい若手俳優陣が揃った。

このたび完成した特報映像は重厚なドラマを予感させるもの。色調を抑えたトーンで、役所演じる主人公の陸軍大臣・阿南惟幾(あなみ これちか)は,陸軍の頂点に立ちながらも、「どうやったら戦争を終結させられるか」と苦悩。敗戦間近の緊迫した様子が伺える数々のシーンが映しだされている。

映画『日本のいちばん長い日』は、2015年8月8日[土]より全国ロードショー

映画『日本のいちばん長い日』あらすじ

太平洋戦争末期、連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。議論は紛糾。決断に苦悩する阿南惟幾陸軍大臣(役所)、国民を案ずる天皇陛下(本木)、聖断を拝し閣議を動かす鈴木貫太郎首相(山﨑)、静観するしかない迫水久常書記官(堤)。一方、終戦に反対する畑中少佐(松坂)ら青年将校たちはクーデターを計画する。

映画『日本のいちばん長い日』予告編・特報・インタビュー

日本映画
英題=The Emperor in August
日本公開=2015年8月8日
配給=アスミック・エース、松竹
公式サイト http://nihon-ichi.jp/
©2015『日本のいちばん長い日』製作委員会

【関連記事】
映画『日本のいちばん長い日』初日に親族が当時の秘話を明かす
【動画】役所広司 本木雅弘 松坂桃李 堤真一 山﨑努が映画『日本のいちばん長い日』を語る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD