佐藤健×神木隆之介『バクマン。』友情・努力・勝利で頂点を目指す



友情・努力・勝利、映画『バクマン。』より
©2015映画「バクマン。」製作委員会
[シネママニエラ]週間少年ジャンプは如何にしてつくられるのか? 映画『モテキ』の大根 仁監督が、主演に佐藤健×神木隆之介を迎え、人気コミック「バクマン。」を映画化。「友情」「努力」「勝利」そして「恋」、ド直球な青春映画が誕生した!

二人の高校生が抱いた壮大な夢。高い絵の才能を持つ真城最高(サイコー)と、文才にたけた秀才の高木秋人(シュージン)の二人はコンビを組み、週刊少年ジャンプの編集者・服部に見いだされ、ジャンプ読者の人気投票1位という頂点を目指す。

手塚賞に入選し、初の連載「Wアース 二つの地球」、そして「この世は金と知恵」と発表し、ライバルの福田真太、平丸一也、中井巧朗、それに新妻エイジと切磋琢磨していくサイコーとシュージン。プロジェクションマッピングを用いた作画過程、実際に作画を学んで創作の葛藤を演じきる俳優陣、そしてペンを握ったバトルを肉体を用いたアクションで演出するなど、見ごたえあるエンターテイメント作品に仕上がっている。

映画『バクマン。』あらすじ

高い絵の力を持つ高校2年生の真城最高(ましろもりたか あだ名:サイコ―/佐藤健)は、秀才のクラスメイト・高木秋人(たかぎあきと あだ名:シュージン/神木隆之介)から、「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。
サイコーの叔父(宮藤官九郎)はかつて週刊少年ジャンプに連載作「バックマン」を持ち、アニメ化もされた漫画家・川口たろう。幼少期を叔父の仕事部屋で過ごしたサイコーにとって、ようやく打ち込める何かが見つかった。

[スタッフ]
脚本・監督=大根 仁  
原作=大場つぐみ 小畑 健(「バクマン。」ジャンプ・コミックス/集英社刊)
音楽=サカナクション

[主題歌]
サカナクション「新宝島」(ビクターエンタテインメント)
「歌詞を書く」というミュージシャンの葛藤と、漫画家さんの「描く」ということの葛藤を重ねることができた。by山口一郎(サカナクション)

[キャスト]
佐藤 健 神木隆之介
染谷将太 小松菜奈 桐谷健太 新井浩文 皆川猿時
宮藤官九郎 山田孝之 リリー・フランキー

日本映画/120分
英題=(2015)IMDb
日本公開=2015年10月3日
配給=東宝
公式サイト http://www.bakuman-movie.com/

【関連記事】
佐藤健×神木隆之介×桐谷健太『バクマン。』BLネタに爆笑の渦!
『バクマン。』佐藤×神木×染谷のアクションは「るろ剣」vs.「寄生獣」
佐藤健×神木隆之介『バクマン。』な掛け合いを生披露
森山未來『モテキ』映画版もやりたい放題?!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD