アカデミー賞2011(第83回)は『英国王のスピーチ』に栄冠

アカデミー賞 ニュース 映画会見/イベントレポート
【第83回アカデミー賞授賞式】
TODD WAWRYCHUK / ©A.M.P.A.S.

オスカーは『英国王のスピーチ』に! コダックシアターで催されている、第83回アカデミー賞授賞式の結果をアップしました。今年の司会は、オスカー候補作『127時間』の製作と主演を務めた、ジェームズ・フランコと『アリス・イン・ワンダーランド』や『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイが担当。

第83回アカデミー賞の結果は以下のとおり(★で表示)

作品賞

『ブラック・スワン』
『ザ・ファイター』
『インセプション』
『キッズ・オールライト』
★『英国王のスピーチ』
『127時間』
『ソーシャル・ネットワーク』
『トイ・ストーリー3』
『トゥルー・グリット』
『ウィンターズ・ボーン』

監督賞

ダーレン・アロノフスキー『ブラック・スワン』
デヴィッド・O・ラッセル『ザ・ファイター』
★トム・フーパー『英国王のスピーチ』
デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』
ジョエル&イーサン・コーエン監督『トゥルー・グリット』

初ノミネートで受賞したトム・フーパー監督は、震えながらスピーチ。初受賞に導いてくれたのはキャストたちのお陰。そして母親から次の作品が見つかったわと、それに従ったのは正しかったと述べました。


主演男優賞

ハビエル・バルデム『Biutiful ビューティフル』
ジェフ・ブリッジス『トゥルー・グリット』
ジェシー・アイゼンバーグ『ソーシャル・ネットワーク』
★コリン・ファース 『英国王のスピーチ』
ジェイムズ・フランコ『127時間』

ジェームズ・フランコとアン・ハサウェイ
第83回アカデミー賞授賞式司会を務めるジェームズ・フランコとアン・ハサウェイ。©Bob D’Amico / ABC /83rd Academy Awards®

プレゼンターは昨年の主演女優賞受賞者であるサンドラ・ブロック。ファースは「これで私のキャリアのピークを迎えた気がします」と発言。顔をひきつらせつつ、「壇上で踊ってしまいそう」と喜びを口にしました。ジェフリーにヘレナにガイ、と同業者の名をあげるなど話しているうちに冷静さを取り戻していきました。

主演女優賞

アネット・ベニング『キッズ・オールライト』
ニコール・キッドマン『ラビット・ホール』(原題)
ジェニファー・ローレンス『ウィンターズ・ボーン』
★ナタリー・ポートマン『ブラック・スワン』
ミシェル・ウィリアムズ 『ブルーバレンタイン』

昨年、主演男優賞に輝いたジェフ・ブリッジスが発表。ナタリーはさすが才女。スピーチもそつなく、家族やスタッフ、そして18年サポートしたエージェントや、最初に仕事をくれたリュック・ベッソン監督(『レオン』)にも感謝を述べました。


助演男優賞

★クリスチャン・ベール『ザ・ファイター』
ジョン・ホークス『ウィンターズ・ボーン』
ジェレミー・レナー『ザ・タウン』
マーク・ラファロ『キッズ・オールライト』
ジェフリー・ラッシュ『英国王のスピーチ』

実話を基にしただけに、そのモデルのディッキーとミッキーが客席におり、彼らも大喜び。妻と娘の名もあげて、これまでのゴシップに対する名誉挽回!

助演女優賞

エイミー・アダムス『ザ・ファイター』
ヘレナ・ボナム=カーター『英国王のスピーチ』
★メリッサ・レオ『ザ・ファイター』
ヘイリー・スタインフェルド『トゥルー・グリット』
ジャッキー・ウィーヴァー『アニマル・キングダム』(原題)

カーク・ダグラスが発表を引っぱったものの、レオは冷静にスピーチ。やや息切れしながら、スタッフやキャストに感謝の気持ちを述べました。最後にガッツポーズ!


脚色賞

★アーロン・ソーキン『ソーシャル・ネットワーク』
ダニー・ボイル、サイモン・ビューフォイ『127時間』
マイケル・アーント『トイ・ストーリー3』
ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン『トゥルー・グリット』
デブラ・グラニック『ウィンターズ・ボーン』

脚本家としての本領発揮!超早口の作品同様に、語彙力を駆使してとうとうとスピーチ。

脚本賞

マイク・リー『アナザー・イヤー』(原題)
スコット・シルヴァー&エリック・ジョンソン他『ザ・ファイター』
クリストファー・ノーラン『インセプション』
リサ・チョロデンコ&スチュアート・ブルムバーグ『キッズ・オールライト』
★デヴィッド・サイドラー『英国王のスピーチ』

遅咲きと言われてきたがついに開花。女王に感謝を捧げてスピーチを終了。

外国語映画賞

メキシコ/『Biutiful ビューティフル』
ギリシャ/『ドッグトゥース』(原題)
★デンマーク/『イン・ア・ベター・ワールド』(原題)
カナダ/『アンセンディーズ』(原題)
アルジェリア/『アウトサイド・ザ・ロー』(英題)

 

長編ドキュメンタリー映画賞

『エグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ』(原題)
『ガスランド~アメリカ 水汚染の実態~』
★『インサイド・ジョブ』(原題)
『レストレポ/アフガニスタンで戦う兵士たちの記録』
『ヴィック・ムニーズ/ごみアートの奇跡』


短編ドキュメンタリー映画賞

『キリング・イン・ザ・ネーム』(原題)
『ポスター・ガール』(原題)
★『ストレンジ・ノー・モア』(原題)
『サン・カム・アップ』(原題)
『仇崗衛士』(原題)

長編アニメーション賞

『ヒックとドラゴン』
『イリュージョニスト』
★『トイ・ストーリー3』

短編アニメーション賞

『デイ&ナイト』
『ザ・グラッファロー』(原題)
『レッツ・ポリゥート』(原題)
★『ザ・ロスト・シング』(原題)
『マダガスカル、旅の日記』

撮影賞

『ブラック・スワン』
★『インセプション』
『英国王のスピーチ』
『ソーシャル・ネットワーク』
『トゥルー・グリット』

録音賞 

★『インセプション』『英国王のスピーチ』
『ソルト』
『ソーシャル・ネットワーク』
『トゥルー・グリット』

3名が登壇。プレゼンターはスカーレット・ヨハンソンとマシュー・マコノヒーでした。

歌曲賞

「カミング・ホーム」『カントリー・ストロング』(原題)
「アイ・シー・ザ・ライト」『塔の上のラプンツェル』
「イフ・アイ・ライズ」『127時間』
★「僕らはひとつ」『トイ・ストーリー3』


作曲賞

ジョン・パウエル『ヒックとドラゴン』
ハンス・ジマー『インセプション』
アレクサンドル・デスプラ『英国王のスピーチ』
A・R・ラフマーン『127時間』
★トレント・レズナー&アッティカス・ロス『ソーシャル・ネットワーク』


編集賞

『ブラック・スワン』
『ザ・ファイター』
『英国王のスピーチ』
『127時間』
★『ソーシャル・ネットワーク』


視覚効果賞

『アリス・イン・ワンダーランド』
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
『ヒアアフター』
★『インセプション』
『アイアンマン2』

『インセプション』はこれで4冠(発表順、12:35分現在)。


メイクアップ賞

『バーニーズ・ヴァージョン』(原題)
『ザ・ウェイ・バック』(原題)
★『ウルフマン』

リック・ベイカーは常連ですね。

衣装デザイン賞

★『アリス・イン・ワンダーランド』
『アイ・アム・ラヴ』(原題)
『英国王のスピーチ』
『テンペスト』
『トゥルー・グリット』

美術賞

★『アリス・イン・ワンダーランド』
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
『インセプション』
『英国王のスピーチ』
『トゥルー・グリット』

音響編集賞

★『インセプション』
『トイ・ストーリー3』
『トロン:レガシー』
『トゥルー・グリット』
『アンストッパブル』 

短編実写映画賞

『ザ・コンフェッション』(原題)
『ザ・クラッシュ』(原題)
★『ゴッド・オブ・ラヴ』(原題)
『ナ・ウェウェ』(原題)
『ウィッシュ 143』(原題)

iTunesで作品GOD OF LOVEを観てくださいね、とスピーチ。

授賞式の模様は、WOWOWにて2月28日21:00よりリピート放送されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で