今伝える映画『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと』



映画『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』(井上剛監督)
©2015 NHK
[シネママニエラ]実際に福島県の立ち入り禁止区域内で撮影を実施したロードムービー『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』が間もなく公開になる。震災の影響でバラバラになった同級生たちが再会し、福島の立ち入り禁止区域内の母校に埋めたタイムカプセルを掘り起こしに行く。

ヒロイン・朝海を、話題作に相次いで出演している石井杏奈(E-girls)、旅をする仲間に渡辺大知(黒猫チェルシー)、木下百花(NMB48)、柾木玲弥、前田航基などフレッシュな顔ぶれをそろえ、現代の若者たちを通して“今の日本“を鋭く切り取った力作が誕生。

人気のないどこまでも続く広大な大地や、瓦礫が残ったままの小学校など、東日本大震災から4年経っても何も変わっていない風景がまざまざと映し出され、登場人物だけでなく、観る者の心にしみこむ。

映画『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』あらすじ

それは、いちばん大切なことに気づく旅

神戸で女子高に通う朝海のもとに、故郷福島に留まる同級生・本気(マジ)から一通のメールが届く。「立入禁止区域になっている母校の校庭に埋めた、タイムカプセルを掘りに行かないか?」。同じ誘いを受けた小学校時代のクラスメイト二人、神戸で暮らす勝と横浜の夜の街で働く香雅里、そしてひょんなことから朝海たちに同行することになった教師・岡里は、一路福島を目指す。長い旅路の果てにたどり着いた地で、彼らは何を見て、何を感じるのか。

映画『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』予告編


©2015 NHK

[スタッフ]
監督=井上剛
脚本=一色伸幸
音楽=大友良英、Sachiko M
[キャスト]
石井杏奈 渡辺大知 木下百花 柾木玲弥 前田航基
津田寛治 二階堂和美 皆川猿時 ともさかりえ 南果歩 中村獅童

映画『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』(トランスフォーマー 配給)は2016年1月23日[土]よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
公式サイト http://livelovesing-movie.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD