広瀬すず『ちはやふる』の上白石萌音に「大好き」と告白!



広瀬すず、野村周平、上白石萌音、映画『ちはやふる -上の句-』完成披露試写会舞台あいさつ
大好き!
[シネママニエラ]女優の広瀬すずが2月24日、主演映画『ちはやふる -上の句-』の完成披露試写会の舞台あいさつに、髪には大輪の赤いコサージュ、そして肩から腕にかけてシースルーデザインの黒いワンピースをまとって出席し、女子トークでは共演者の上白石萌音と「大好き!」と公開告白して満面の笑みを見せた。舞台あいさつには広瀬をはじめ、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也、松岡茉優、小泉徳宏監督が揃った。

映画『ちはやふる -上の句-』『ちはやふる -下の句-』作品情報・予告編

本作は末次由紀著の大人気コミックをベースに、百人一首を用いた競技かるたに熱中する高校生たちの友情・恋愛・成長を描く青春映画。そのため小倉百人一首・在原業平の「ちはやふる神代もきかず竜田川からくれなゐに水くくるとは」にちなんだレッドカーペットに、キャストたちは紅葉の葉型の紙吹雪が舞うなかを客席を抜けてステージへ。登壇後はperfumeが歌う本作の主題歌「FLASH」にあわせてノリノリでダンスをして、お披露目となるこの日を喜ぶ姿が見受けられた。

小泉監督は「これからより世に出ていく若手の有望株とつくった映画。将来のスターの目撃者になってもらいたい。映画監督として完成させましたが、お客様に観ていただいて出来上がりとなるので、そこから育てて欲しい」と集った約1,600名に呼びかけた。原作を尊重し、イメージカラーの赤の見せ方、それに競技シーンには1秒間で1000枚撮れる、ハイスピードカメラ「ファントム」を使ったと作品に込めた思いを話す。

初めての主演映画となった広瀬。「(現場では)先頭に立たなきゃとか責任とか全然わからなくて全然意識しなかったです。全員がキャラクターの感情をくんでくれたので感謝でいっぱいです。同世代のパワーは刺激的でしたし、大人になってからも大事にしたい仲間に出会えた。その関係性がリアルに(映画の)画にも生きているといいなと思っている。全部が財産」だと強調する。

映画『ちはやふる -上の句-』(小泉徳宏監督)
© 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 © 末次由紀/講談社
そんな広瀬について監督は「広瀬すずは一言で言えば“持っている”。これがスターなんだなと、決めるべきところでバシッとキメてくる」と褒め称える。共演の上白石も「初めて会ったときから、なんだこのキラキラしたオーラは!と思った。お芝居でも普段でもしっかりと自分を持っている人であり、みんなでいるときは切り替えて一番ハジけるといった温度差がすごい。尊敬している」という。広瀬も「萌音ねえ、大好き!」と公開告白?!し、上白石も「わたしも大好き!」と2人は手をとりあった。

そんな二人の間にいる野村は思わぬ展開にオロオロ。「(告白相手は)僕じゃないのか・・・」とがっくり。すかさず、清水が野村に「好きだよッ」とフォローすると、野村はチュッチュッチュッと投げキス返し。これには本作の役以来、ドSキャラがお気に入りだという清水は「それはムリ」と、つれなくして、笑いを誘う。

広瀬が言う大事な仲間たちは互いにイジリあうなど、息の合った姿を見せて集ったファンを喜ばせていた。

映画『ちはやふる -上の句-』(東宝配給)は2016年3月19日[土]より全国東宝系で公開
映画『ちはやふる -下の句-』(東宝配給)は2016年4月29日[金・祝]より全国東宝系で公開
公式サイト http://chihayafuru-movie.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD