良多(阿部寛)と元妻の白石響子(真木よう子)と11歳の息子・真悟(吉澤太陽)、映画『海よりもまだ深く』(是枝裕和監督)より

映画『海よりもまだ深く』は“なりたかった大人”になれなかった大人たちの物語

ニュース 映画予告編 映画作品情報

映画『海よりもまだ深く』(是枝裕和監督)
© 2016フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ
[シネママニエラ]映画『海街diary』是枝裕和監督の最新作は豪華布陣を迎えて、いくつになっても大人になりきれない男と、そんな息子を深い愛で包み込む母の姿を中心とし、夢見た未来と少し違う今を生きる家族を描くオリジナルストーリー。第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品される。

映画『海よりもまだ深く』の吉澤太陽「阿部寛さんみたいな大人になりたい」【完成披露試写会レポート】

ドラマ「下町ロケット」では、ロケットエンジン開発に熱意と情熱を持つ町工場の社長を演じ、映画『エヴェレスト 神々の山峰』では、人生全てをエヴェレスト登頂に賭ける伝説のクライマーを演じた阿部寛が、これまでにないダメ男を演じる本作。演じた良多は15年前に文学賞を一度獲ったきりの売れない作家で、妻には愛想を尽かされ離婚。息子の養育費も満足に払えないくせに彼女に未練たっぷりなキャラクター。

本作で3度目のタッグとなる阿部と是枝監督。今回のキャンティングを是枝監督は「他の人にお願いする発想がまったくなかった」と明かす。さらに「脚本を書き始めた時から、阿部さんの声を思い浮かべて書いています。ダメ男と言える良多をあそこまでダメな感じでやってくださって(笑)。本当に素晴らしかったです」と信頼を寄せる。

そして、これほどまでのダメ男を演じたのは初めてだったという阿部は、今回の役は「新鮮で楽しい経験」だったそうで、「虚勢を張ったり、強がったりするけど、本当は弱いんです。いつまでも夢を追いかけている良多の甘えを、今までにない、面白い人間味として出せたのではないかと思います」と振り返った。

映画『海よりもまだ深く』あらすじ

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。

映画『海よりもまだ深く』予告編


© 2016フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ

映画『海よりもまだ深く』(ギャガ配給)は2016年5月21日[土]より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国公開
公式サイト http://gaga.ne.jp/umiyorimo/

[amazonjs asin=”B01J3ECHNQ” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”海よりもまだ深く (特装限定版) Blu-ray”]

[amazonjs asin=”B01DBLF66C” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”『海よりもまだ深く』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で