映画『海よりもまだ深く』の吉澤太陽「阿部寛さんみたいな大人になりたい」

映画会見/イベントレポート

映画『海よりもまだ深く』の吉澤太陽「阿部寛さんみたいな大人になりたい」

[シネママニエラ]映画『海よりもまだ深く』舞台挨拶付き完成披露試写会が4月24日に開催され、阿部寛、真木よう子、吉澤太陽、樹木希林、是枝裕和監督​が登壇した。作品のテーマである「なりたかった大人像」に言及すると、阿部の息子・真悟役を演じた吉澤は「阿部寛さんみたいな大人になりたい」と父に心酔していた。

父と子を演じた阿部寛と吉澤太陽、映画『海よりもまだ深く』舞台挨拶付き完成披露試写会にて
父と子を演じた阿部寛と吉澤太陽

本作は是枝監督によるオリジナルストーリーで、普遍的な家族の姿を捉えた感動作。「大きな事件が起こらない、お話しなのに」と謙遜する是枝監督だが、53歳の監督は「人生に後悔はないけど。53歳って、もっと大人だと思ったけど、自分は違うな」と、なりたかった大人になっていない自分について語った。なお本作は本年度のカンヌ国際映画祭ある視点部門に出品することが決まっている。一同は上映に合わせて渡仏する予定だという。

そんな是枝監督とは、本作で5度目のタッグとなる樹木は「…義理でねッ」とそっけなく出演について語るが、「是枝監督にかかれば誰でも上手に見えるのよ」と、その手腕をべた褒め。さらに「是枝監督は子役を見出すけど、撮影後もそのままにしないで、そのあとのフォローもきちんとされているの。今日も、この会場に過去作に出演し成長した(元)子役たちを招いているのよ」と感心しきり。樹木によって、舞台あいさつ中に、監督が会場の隅々まで見渡している理由が明かされた。

主演の阿部は、本作でこれまでにないダメ男を演じたが、「セコイところや弱い部分が共感できて」と、当人は愛おしく思って楽しみながら演じたそうだが、母親・淑子役の樹木は「阿部寛くんのような似ても似つかない息子を産んだ」と冗談まじりに述べつつも、「うちの息子はダメ男じゃない! すごくいいの。世が世ならローマ風呂にはいる人間。芽が出ないのは世間のせい」と擁護。さらに「誰の中にもある。わたしの周りにはもっとダメな人がいっぱいいる」という樹木節で、終始笑いの絶えない舞台あいさつとなった。

樹木希林、阿部寛に「誰とカンヌに行ったの?」と追求?!

映画『海よりもまだ深く』(ギャガ配給)は2016年5月21日[土]より​丸の内ピカデリー、​新宿ピカデリーほか全国公開

是枝監督作のカンヌ国際映画祭出品は本作が6作目。コンペティション部門に、映画『DISTANCE/ディスタンス』、主演の柳楽優弥が映画祭史上最年少の最優秀男優賞を受賞した映画『誰も知らない』、審査員賞を受賞した映画『そして父になる』、『海街diary』。ある視点部門は、映画『空気人形』以来7​年ぶり2​度目。

映画『海よりもまだ深く』作品情報・予告編
公式サイト gaga.ne.jp/umiyorimo
海よりもまだ深く (特装限定版) Blu-rayをAmazonで購入する
<ハナレグミ × 是枝裕和監督>映画『海よりもまだ深く』ティーチインイベント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で