東京スカイツリーに宇宙船現る!破壊王の膝ガクガク×初来日リアム・ヘムズワースは大喜び

映画会見/イベントレポート

[シネママニエラ]映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』来日記念会見が6月29日、東京スカイツリーの展望デッキにて行われ、<破壊王>の異名で称賛されるローランド・エメリッヒ監督、リアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、マイカ・モンローが出席した。宇宙船出現の演出に大喜びのリアムに対して、高所恐怖症の監督は膝がガクガク?!

ローランド・エメリッヒ監督、リアム・ヘムズワース、映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』来日記念会見in東京スカイツリーにて
背後に宇宙船が出現!

映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』奴らは再びやってきた!想像を超えた巨大さと破壊力

<破壊王エメリッヒ>続編の着想を明かす!

映画『インデペンデンス・デイ』の続編製作には長らくノーを貫いてきた監督。本作に着手したのは、映像技術の進歩をあげて、さらに「異星人がアジアを吸い上げて、ヨーロッパに落とす絵を思い浮かべたんだ」とニッコリ。(多くの心の声はきっとそんな誕生だったとは!であろう)。

ちなみに日本では破壊王の称号があることを初めて聞かされた様子で、「各国それぞれの表現で異名をいただいているよ(笑)」と気に留めるそぶりもなく。実は高所恐怖症とのことで、スカイツリーの高さにビビっていることを明かした。なお、この東京スカイツリー展望デッキで、ハリウッド映画の記者会見が行われるのは初めて!

初は初でも、「初来日」の俳優リアム・ヘムズワース(雷神ソー役の俳優クリス・ヘムズワースとは兄弟です)は空港到着時に、既に日本の熱烈ファンの歓迎を受けたそう。出演オファーの喜びを語るなかで、敬愛する俳優ジェフとの共演をことのほか喜んでいることが伺えた。

前作と本作と同じ役で続投したジェフにとっては、「僕の持論で【いい人間はいい俳優になれる】と思っていて、彼らはまさにそう」だと、リアムやマイカといった若手俳優の才能を絶賛するコメントも聞けたし、やはり思い入れのある作品らしく、ついつい答えが長くなりがち。しかしながら、通訳の苦労を察したマイカは「わたしは短く答えるわね」といった機転を利かせるなど、約30分の短い時間ながら人柄が垣間見える瞬間もあった。

ちなみに『インデペンデンス・デイ』シリーズの第3弾については、現時点で白紙らしい。監督は「米国では公開したばかり。ぜひ数週間後に聞いてよ、興行成績が良ければグリーン(着手できる)かもね」と期待をもたせた。

東京スカイツリーに宇宙船現る!を動画で見る

映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(20世紀フォックス配給)は2016年7月9日[土]より全国公開
公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/idr/

2016年06月30日 記事タイトルを修正しました

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で