<竜星涼>初海外映画祭!ユーモア交えた英語スピーチに拍手喝采



[シネママニエラ]俳優の竜星涼が9月26日(現地時間)、主演映画『シマウマ』がテキサス州オースティンで開催中の「第12回ファンタスティック・フェスト」ファンタスティック部門審査員賞にノミネートされたことを受け渡米し、舞台あいさつでは役柄をなぞり「復讐のご用命があれば、自分に電話を」などユーモアを交えた英語スピーチで拍手喝采をあびた

竜星涼のスピーチ「復讐のご用命があれば、自分に電話を」が大うけ!
竜星涼のスピーチが大うけ!

本作は、ヤングキングにて連載中の小幡文生著による漫画をベースに、他者に受けた屈辱などをありとあらゆる方法を用いて昇華させる回収屋の世界へ足を踏み入れる主人公ドラ/倉神竜夫を軸に、裏世界のダークヒーローを描く。

上映終了後は観客からスタンディングオベーションがあり、Q&Aティーチインの冒頭では観客に対して「Hello. Thank you for coming to see Shimauma. This movie is about men who will take revenge for you for a price. So if you ever need to take revenge on someone, I’m your man. Give me a call.(内容|こんにちは、『シマウマ』をご覧いただきありがとうございます。この映画は回収屋(復讐請負人)を描いています。もしも復讐のご用命があればこの自分に、どうぞお電話を)」と、映画のキャラクターをなぞった挨拶をし、観客から大きな笑いと喝さいを受けた。MC によると、今回の監督&俳優ティーチインの中で「竜星が一番良かった」と大絶賛。

初の海外映画祭の参加となった竜星はレッドカーペット、来場者からのQ&Aティーチインも経験した。「この作品が海外でどう受け入れてくれるか心配でしたが、良かったら良いと直接言ってくれる環境に感動し、これからの役者人生にとても大きな影響を与えてくれた素晴らしい1日でした」と笑顔をみせた。

このファンタスティック・フェストは全米最大のジャンル映画の祭典として知られ、本年は特別ゲストのティム・バートン監督、それにロバート・ロドリゲス監督、パク・チャヌク監督、M・ナイト・シャマラン監督、俳優のジェームズ・マカヴォイらが参加している。映画『シマウマ』はファンタスティック部門審査員賞に全119本の出品作品中の8本としてノミネートされた。

映画『シマウマ』予告編(※閲覧注意)


©2015東映ビデオ

映画『シマウマ』DVD(販売元 東映株式会社、発売元 東映ビデオ株式会社)は2016年11月9日発売

第12回ファンタスティック・フェストは2016年9月22日から29日(現地時間)まで
fantasticfest公式SNS Twitter @fantasticfest

【関連情報】
公式サイト http://shimauma-movie.com/
竜星涼主演映画『シマウマ』須賀健太と福士誠治たちがヤバ過ぎる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD