トム・クルーズ 続編は最高の出来!

映画会見/イベントレポート

[シネママニエラ]俳優トム・クルーズが10月20日(現地時間)に主演映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の英国・ロンドンプレミアに列席し、「あと2週間ほどで日本に行くのを楽しみにしているよ」とメッセージを寄せた。

レスタースクエアでファンサービスするトム・クルーズ、映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』ロンドンプレミア
レスタースクエアでファンサービスするトム・クルーズ 東和ピクチャーズ 提供

本作は、ベストセラー小説『ジャック・リーチャー』シリーズ18作目の「Never Go Back」が原作。日本でも大ヒットした前作『アウトロー』で元米軍エリート秘密捜査官にして今は街から街へと放浪を続ける一匹狼ジャック・リーチャーの正義のためには手段は選ばない生き様を見せつけた。待望の続編とあって、このプレミアの模様は世界50か国の映画公式フェイスブックページで中継された。

トム・クルーズとジャック・リーチャーの共通点は?

公開目前の本作に関して、トムは「最高!」だと自信をみせて「すばらしい映画だと思うし、世界中にきっと楽しんで頂けると思う。(今は)観客のことを考えるだけ。ファンのために映画を作ったんだ。様々な国、文化で観てもらいたいし、それが糧になる」のだとコメント。

ジャック・リーチャーと自身の共通点は「どうだろう、本当に分からないよ。そこまで考えたことはなかった。彼は世界中を旅するキャラクターだが、僕ももちろん世界中を旅する。僕はいつも仕事をしているんだ。週7日働く。ある映画の撮影をしているか、別の作品のポストプロダクションをしているか、もしくは次作の準備をしている。常に仕事をしているし、ホテル生活ばかりで、常に旅に出ているから、根を下ろすことがないという気持ちを理解している。アウトロー(流れ者)のようなところが多々あると思う。(共通点は)そこかもしれないね」と話す。

気温12度という肌寒い中、レスター・スクエアのレッドカーペットにはトムをはじめエドワード・ズウィック監督、リー・チャイルド(原作者)、ヒロインのコビー・スマルダース、ダニカ・ヤロシュがドレスアップをして登場、華を添えた。

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』(東和ピクチャーズ配給)は2016年11月11日[金]より全国公開

公式サイト
公式SNS Twitter | Instagram | facebook
<トム・クルーズ×エドワード・ズウィック>再タッグ映画『ジャック・リーチャー』作品情報・予告編
映画『アウトロー』はトム・クルーズのガチスタントだった!
限界に挑む男トム・クルーズ「今も無遅刻・無欠勤」

[amazonjs asin=”B079ZZQKM6″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ジャック・リーチャー NEVER GO BACKAmazonDVDコレクション Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で