映画『嘘八百』は中井貴一&佐々木蔵之介W主演作



©2018「嘘八百」製作委員会

中井貴一&佐々木蔵之介W主演作!大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商と落ちぶれた陶芸家が“幻”の利休の茶器で一攫千金を目論むお宝エンターテイメント作品。メガホンを執るのは映画『百円の恋』で日本映画界に新風を吹かせた武正晴監督。そして友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣と、超豪華個性派俳優陣が脇を固めている。
(英題 )

特報映像では千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺で活気だつ骨董オークション会場を舞台に、大御所鑑定士を相手に“幻の利休の茶器”という<真っ赤なウソ>を吹っ掛けるイカサマ古物商・則夫(中井貴一)と、腕は立つのに落ちぶれた陶芸家・佐輔(佐々木蔵之介)が出会い、タッグを組んで、負け人生にさよならと一攫千金を狙う様が。

映画『嘘八百』は中井貴一&佐々木蔵之介W主演作
©2018「嘘八百」製作委員会
中井貴一さん(古物商の則夫役)

助監督からたたき上げで映画を撮ってこられた武さんは、人間描写に長けている監督だと感じていたので、今回お話をいただき是非お引き受けしたいと思いました。私が演じるのは古物商の役なので、古美術関連の書籍を読んだりしています。良い意味でも悪い意味でもロマンに包まれた商売だと感じているので、演じるのがとても楽しみです。監督や佐々木さんと共に、楽しさの中に人間の本質が浮き彫りにされていくような、そんな作品にしていけたらいいなと思っています。

佐々木蔵之介さん(陶芸家の佐輔役)

大阪人の「おまえ、ホンマか⁈嘘つけぇ!」は完全に褒め言葉です。「浪華の八百八橋」と言いますが、200橋くらいです。大阪では大きく盛った方が勝ちです。結果、オモロかったら良いんです。大阪の堺を舞台に、武監督と中井さんと利休さんと嘘っぱち×100倍の映画、お楽しみに!

武正晴監督

今回、『百円の恋』を観てくれたプロデューサーから、オリジナル脚本で関西を舞台にした作品を撮ってみないかというお話をいただき、是非やらせていただきたいとお引き受けしました。作るにあたって、バカバカしいところもありながらホロッとくるような非常に難しいジャンルの「喜劇」に挑戦したいと考えていたので、そこには素晴らしい俳優さんが必要でした。ストーリーを考えていく中で、関東から来る男と関西の男の話にしようとイメージが固まった頃には、中井さんと佐々木さんしかいないと感じ、オファーさせていただきました。
これまで撮影などで大阪を度々訪れていますが、今回メインで舞台となる堺市は大阪の一部でありながら、歴史のある町でもあり、特有の気風や文化も根付いている素晴らしい土地だと感じています。撮影にあたっても皆さんとても協力的で有難いです。個人的に、子供の頃に見ていた堺を舞台にしたNHK大河ドラマ「黄金の日日」が大好きだったこともあり、そこにも千利休がでてきますが、今回は堺で“利休”の幻の茶器を巡る話を撮れるのは嬉しいですね。
『嘘八百』は、昨今「嘘」という言葉がネガティブで殺伐としたイメージに受け取られる世の中になってしまっていますが、先人たちの作ってくれたこの「嘘八百」という言葉は、「嘘」の中にも楽しさやおおらかさがあるものだったと思っています。僕は映画作りも「嘘八百」だと思っていますし、その「嘘八百」は楽しいものであって、自分の映画作りの根本はそこにあると考えています。
観てくれた人たちが、映画の中に出てくる嘘をそんな風に受け止めて、「嘘八百だったけど、なんて楽しい世の中なんだ!」と感じてくれる作品にできたらいいなと思います。

映画『嘘八百』あらすじ

骨董の世界に身を置きながらも、冴えない仕事をしている古物商の則夫(中井)と陶芸家の佐輔(佐々木)。偶然出会ったふたりの前に現れたのは、"幻の利休の茶器"だった?! 一発逆転を狙って、家族や大御所鑑定士、文化庁をも巻き込み、壮大な狐と狸の化かし合いが始まる。(2017年/日本映画/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/105分)

映画『嘘八百』(ギャガ 配給)は2018年1月5日[金]より全国公開

映画『嘘八百』公式サイトhttp://gaga.ne.jp/uso800/
主題歌・佐藤広大「イチゴイチエ」( Victor Entertainment ) をAmazonで購入する
<中井貴一>キャスター澄田真吾として主演映画の試写会を進行!
佐々木蔵之介、超高速餅つきに挑戦!
安藤サクラ主演『百円の恋』は女性がかっこ良く闘う物語

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD