<ヒュー・ジャックマン>日本でラブホテルのリサーチ!

映画会見/イベントレポート

ヒュー・ジャックマン『ウルヴァリン:SAMURAI』来日会見
ヒュー・ジャックマン
[シネママニエラ]8月29日、映画『ウルヴァリン:SAMURAI』記者会見が目黒雅叙園にて行われ、来日中のヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ジェームズ・マンゴールド監督が出席した。日本でも撮影された本作、印象的なロケ先を問われたヒュー・ジャックマンはラブホテルを上げ、「(脚本家による)架空のモノだと思ったら日本に実際にあると知り、撮影前にリサーチしました!」と語ったが、この会見中にもリサーチを怠らない勤勉さを見せていた。

この日は、作風と同じく和を尊び、旧・目黒雅叙園から移した日本画、本漆塗り、螺鈿細工で装飾された和室宴会場で催された。ご一行は、能舞台(にマットを敷いて状態で)靴のまま登壇。そのためヒュー・ジャックマンは室内を見まわし、その観察眼は会見中も発揮されていた。

それは自身のコメントを通訳が日本語に訳して語っている間のこと、隣席の真田広之になにやら問いを投げかけていたのだ。恐らく屏風絵などで描かれたモノに対する疑問のようであったが、最初はヒューの質問が解せなかったのかキョトンとした表情をみせた真田。しかしながらヒューが言い直すと理解したようで、そこからは真田が(英語で)解説。それを聞いて、ヒューは大きくうなずいていた。このように寸暇を惜しんで学ぶヒューの勤勉さに感心しきり。

そんなヒューが「本作は『X-MEN』シリーズ史上、最高の出来栄えだと思います」とキッパリ! 「アクションシーンでは日本の国宝であるヒロ(真田広之)を傷つけないよう気を遣いました。映画初出演のTAOとリラも素晴らしい仕事をしてくれました。(その二人の起用について)ハリウッドでは演技経験のない者を起用することはリスクが高いので避ける傾向にありますが、マンゴールド監督は勇気ある英断をされました」として感謝を口にする場面も。

『ウルヴァリン:SAMURAI』来日会見
TAO、真田広之、ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マンゴールド監督、福島リラ、
さらにはフォトセッションの後に人差し指を立て、手をつかった口を動かすジェスチャーで「あと一言話していいかな?」と発すると、この日の会見の素晴らしさに感動したというコメントが。そして、黒子を務めた宣伝マンにも「ありがとう。君たちはマット・デイモンとベン・アフレックかい?」などと声かけしたり、会見を仕切ったスタッフ一同を労う言葉もあった。

ちなみに記者から「東京の五輪誘致に応援コメントを」と求められると、ヒューは「次回作は『ウルヴァリン:オリンピック・スピリッツ(五輪精神)』にしようと思います」と茶目っ気たっぷりに宣言。さらに「東京は来日する度に散策してますけど、これだけの人口がいながら混乱しないように社会が機能的なことがすごいと思う。問題は来日した選手が帰りたくないと思ってしまうことだろうね」と述べていた。

映画『ウルヴァリン:SAMURAI』は『X-メン』シリーズの6作目。『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の続編というより、番外編的な描き方で、ウルヴァリンを恩人と仰ぐ日本人兵士との過去の出来事を発端にした物語となっている。親日家ヒューの念願の企画だけに、我々日本人としてはめいっぱい応援することで感謝の意を示したいところ。

原題=The Wolverine
日本公開=2013年9月13日
配給=20世紀フォックス
公式サイト http://www.foxmovies.jp/wolverine-samurai/
©2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

[amazonjs asin=”B00FWUJT82″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ウルヴァリン:SAMURAI 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で