佐藤健、妻役・土屋太鳳「素晴らしい!」

映画会見/イベントレポート

俳優の佐藤健が11月16日、主演映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の完成披露試写会に出席。舞台挨拶冒頭の一言挨拶で、妻役の土屋太鳳のコメントに対しオフマイクで「素晴らしい!」と語りかけて絶賛した。そんな佐藤は土屋に、感謝をこめて花冠をサプライズでプレゼント。佐藤は花冠について、「奇跡という花言葉を持つ青い薔薇、それに花言葉・幸せな思い出・試練・箱入り娘のダイヤモンドリリーをあわせた」と説明した。

左から薬師丸ひろ子、佐藤健、土屋太鳳、杉本哲太
左から薬師丸ひろ子、佐藤健、土屋太鳳、杉本哲太

同作は佐藤健×土屋太鳳W主演で、岡山県に住む実在のカップルの実体験をベースにした感涙作。結婚目前に抗NMDA受容体抗体脳炎(こうじゅようたいこうたいのうえん|Anti-NMDA receptor encephalitis )という病に襲われ、それを乗り越える様が描かれる。

この日は佐藤と土屋をはじめ北村一輝、浜野謙太、中村ゆり、杉本哲太、薬師丸ひろ子、そして瀬々敬久監督が登壇。瀬々監督は「スーパーヒーローではなく普通の人に突然襲いかかった試練を表現するために(演出では)“初めて感”を大切にしました」と明かす。

花冠プレゼント!
花冠プレゼント!

土屋の冒頭の挨拶は「本日はお越しくださり本当に本当にありがとうございます。奇跡の愛を生きてくださった尚志さん、麻衣さん、ご家族の皆さん、そして周りの方々、作品に出会わせてくださった方々、そして観てくださる方々に心からの感謝を込めて、この作品の完成をご報告したいと思います」というもの。

客席後方より入場する佐藤健と土屋太鳳
客席後方より入場する佐藤健と土屋太鳳

佐藤が「(尚志さんは)僕にない魅力をお持ちの方でいつもニコニコしているので、僕が演じるにはハードルがありました。自分はあまり笑わないので」と語れば、土屋は「麻衣さんは女子力が高い。(ご夫妻の)息子さんが本当にかわいくて、この奇跡の向こうには息子さんと繋がると思いクランクインし、それを念じてクランクアップした」と振り返った。

20歳の佐藤健と14歳の土屋太鳳
20歳の佐藤健と14歳の土屋太鳳

タイトルの8年にちなんで、8年前の佐藤と土屋の写真を披露、当時を振り返った。佐藤は20歳で写真集のショットから、土屋は14歳でNHK大河ドラマ「龍馬伝」の台本を手に笑顔のショット。そして佐藤は「当時は気合を武器に芝居をしていた。でも、25歳ぐらいから気合だけでは足りなくなり、テクニックを使うようになった」等と述懐。土屋は「(『るろうに剣心』以来)普段は“健先輩”と読んでいます。健先輩はこの「龍馬伝」で初めて会いました。共演シーンはなかったのですが当時からやさしさは変わりません。そして『るろうに剣心』で共演シーンがありました。これからも気合で頑張ります!」とニッコリ。

左から浜野謙太、北村一輝、薬師丸ひろ子、佐藤健、土屋太鳳、杉本哲太、中村ゆり、瀬々敬久監督
左から浜野謙太、北村一輝、薬師丸ひろ子、佐藤健、土屋太鳳、杉本哲太、中村ゆり、瀬々敬久監督

難役を演じた土屋。「体重コントロールが必要でしたけど、ボクサーとコーチのような関係で乗り越えられた」と演じきれたのは佐藤のおかげだと強調する。すると、佐藤は「この役をできる人はそういない。僕には到底できないような難しさ。正直、本作の映画化企画で思い浮かんだのは土屋さんだけ。土屋さんは『僕が支えてくれたから』と言いますけど、僕の役づくりは土屋さんをどのようにサポートするか考えることでした。感謝したいのは僕のほう」だと褒め返しお礼を述べていた。

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(松竹 配給)は2017年12月16日[土]より全国公開 ※12月9日[土]より岡山県にて先行上映

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』公式サイト
8年越しの花嫁 奇跡の実話(佐藤健×土屋太鳳 W主演) – 映画予告編
8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら 単行本(主婦の友社)をAmazonで購入する
佐藤健×土屋太鳳 W主演の「8年越しの花嫁」クランクアップ!
佐藤健×土屋太鳳 W主演で「8年越しの花嫁」映画化!「全身全霊を捧げ撮影に臨みます」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で