大泉洋、ドラえもん語る!

映画会見/イベントレポート

俳優の大泉洋が2月19日、ボイスキャストとして初参加したシリーズ映画『ドラえもん のび太の宝島』大人だけの先行試写会に、お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄、脚本を担当した川村元気とともに来場し、冬季オリンピック開催中のため「「ドラえもん」ののび太くんこそ金メダリスト!(誰にも真似できない勇気と行動力を)尊敬します」と敬意を示し、さらに本作の主題歌「ドラえもん」と挿入歌を担当したアーティストの星野源の仕事ぶりを褒め称えた。

大泉洋、ドラえもん語る!
左からドラえもんカラーのシャツを着た高橋茂雄と大泉洋、そして川村元気

本作は、映画『ドラえもん』シリーズの38作目であり、太平洋上に突如現れた宝島を巡って、ドラえもんたちが大冒険を繰り広げる。宝島に隠された本当の宝物とは一体、何なのか!?

映画ドラえもん のび太の宝島(今井一暁監督)
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

大泉は自身が担当した海賊キャプテンのシルバーが「かっこいい!」と自画自賛。これまでにテレビシリーズの「ドラえもん」は見たことがあるものの、実は「映画は初めて」だと明かした。そして実際に鑑賞して、素直に「感動した!『泣ける泣ける』とは聞いてましたが、良さを知りなるほど!と思いました。また(星野源による)挿入歌「ここにいないあなたへ」の入るタイミングもいい。星野源、すごくいい仕事をする!」と絶賛し、さらに感動ポイントを再現しつつ「大人も楽しめる!」と熱弁を展開。

そして、ドラえもん好きであり「ドラえもん知識王」として知られる高橋は、海賊一味のトマト役。「毎年面白いですけど、今年のは脚本の段階からすごく面白かった。冒頭からちょっと違います。今年のはヤバい!」と大興奮。大泉から「(トマトは)どこに出てました?」と切ないツッコミを受けるも、高橋は「『トマトだ!』とは名乗りませんが、体型がぽっちゃりしている海賊です! 去年は怪鳥役でしたが今年は海賊です!(声の)自分感を消して臨みました」とこだわりを話す。なお、2年連続でのゲスト声優はドラえもん映画の史上で高橋が初めて! 

「鼻スパ(もしも恐竜を見つけられなかったら鼻でスパゲティを食え!)を超える無茶振りがあります!」や「クイズという名の鳥型ロボットが出題する問題を、ドラえもんと一緒に解いて見てください」という楽しみ方を披露。

大泉は自身が担当した海賊のシルバーが「かっこいい!」と自画自賛
大泉は自画自賛?!

監督はテレビシリーズの演出を務めてきた今井一暁が長編監督デビュー。そして脚本は映画プロデューサーであり、「世界から猫が消えたなら」「億男」など小説家としても活躍する川村元気が担当。川村は「今回は雇われ脚本家。僕は藤子・F・不二雄先生を尊敬するだけに、「失敗したらどうしよう」と思いながらだった。クライマックスはカッコつけ過ぎないようにしました」などと振り返る。子ども時代は「ドラえもん」を見ますけれど、大人になる過程で観るのを卒業してしまいがちだという状況下で、今作では「親や大人のみなさんにも楽しんでもらえるようなお話を考えました。お楽しみいただけたら嬉しいです」などと説明。このほか3名からは具体的な鑑賞ポイントが語られ、大盛り上がりのトークであっという間に予定時間を迎えた。

こちらの記事は速報です。→更新しました。

映画『ドラえもん のび太の宝島』(東宝配給)は2018年3月3日[土]より全国公開

映画『映画ドラえもん のび太の宝島』公式サイトhttp://doraeiga.com/2018
映画ドラえもん のび太の宝島(星野源 主題歌「ドラえもん」ver.)予告編・作品情報
ドラえもん (初回限定盤)をAmazonで購入する
映画ドラえもん のび太の宝島 ブルーレイ通常版 [Blu-ray]をAmazonで購入する
映画ドラえもんシリーズ(1980年~34作品)累計動員数1億人突破!!
映画『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』のび太、家出を決心!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で