平手友梨奈、北村有起哉への意外な誕生日プレゼントとは?



俳優の北村有起哉が、映画『響 -HIBIKI-』で共演した欅坂46の平手友梨奈からの「意外な誕生日プレゼント」を明かした。

平手友梨奈、北村有起哉への意外な誕生日プレゼントとは?
平手友梨奈(欅坂46)

同作は、柳本光晴著「響~小説家になる方法~」(小学館「ビッグコミックスペリオール」連載中)をベースに、映画「君の膵臓がたべたい」の月川翔監督が、メガホンをとった青春映画。芥川賞と直木賞のダブルノミネートを受けるほどの天才的な才能の持ち主・鮎喰響の筋を通す生き方に、周囲は翻弄されるも魅力されていく様を描く。平手は新人作家であり主人公の女子高生・響を演じ、北村は芥川賞作家・鬼島仁に扮した。

完成披露試写会では、響が先輩作家を蹴り飛ばすシーンについて語られた。それは、鬼島が響の親友・凛夏に対して心無い言葉を浴びせたことが原因なのだが、撮影では飛び蹴りを実際に受けていたという。

これが響の蹴りアクション!
これが響の蹴りアクション!
©2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 ©柳本光晴/小学館

「(アヤカ・ウィルソン演じる)凛夏と話をしていると、響(平手)が視界に入ってきて……。それはまるで欅坂46の楽曲「サイレントマジョリティー」サビの十戒(の振付)みたいに、真ん中を歩いてくるわけです」と解説。

その時に北村は「僕は密かにそのイメージを抱いて「来た!来た!」と楽しんでいました(笑)」と吐露。しかもその日は北村の誕生日当日だったそうで、「誕生日に最高のプレゼントをもらいました! 」とにっこり。

左からアヤカ・ウィルソン、平手友梨奈、北川景子、高嶋政伸、北村有起哉
左からアヤカ・ウィルソン、平手友梨奈、北川景子、高嶋政伸、北村有起哉

これには共演の野間口徹も「誕生日だったの?!」とびっくり顔! ちなみに、野間口は週刊誌の記者・矢野浩明役を演じており、響からさらに凄まじい飛び蹴りを喰らうこととなる。平手は高い身体能力を生かしてワイヤーを用いず自力で跳ねたという、そんな華麗なる飛び蹴りも見どころの一つだ。

そして、担当編集者ふみ役の北川景子もその場にいて、先輩作家への非礼に対して響に頭を下げさせようと奮闘する。そんな響とふみのやりとりを、月川監督は「もっと見たい」とカットをかけなかったことから生まれた台本外のシーンにつながったことも明らかになった。

映画『響 -HIBIKI-』(東宝 配給)は2018年9月14日[金]より全国公開

平手友梨奈「鮎喰響の生き様が皆さまに届けば」と初主演の想いを語る!
小栗旬×北川景子、「キミスイ」の浜辺美波と北村匠海を絶賛!
映画『響 -HIBIKI-』公式サイト http://hibiki-the-movie.jp/
柳本光晴著「響~小説家になる方法~(1) 」(小学館・ビッグコミックス)をAmazonで購入する
「小説 響 HIBIKI 」(小学館文庫)をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD