映画『散り椿』×ひらかたパーク 期間限定コラボ実施!



第42回モントリオール世界映画祭 審査員特別賞受賞した映画『散り椿』と、同作主演の岡田准一(V6)が「超ひらパー兄さん」兼「園長」としてイメージキャラクターを務める「ひらかたパーク」(枚方市枚方公園町1-1)が映画の公開を記念してコラボレーション企画を展開することが発表された。

映画『散り椿』×ひらかたパーク 期間限定コラボ実施!
映画『散り椿』×ひらかたパーク のコラボポスター
©2018「散り椿」製作委員会

葉室麟著「散り椿」(角川文庫)を原作に、主演・岡田准一×監督・撮影・木村大作がタッグを組んだ時代劇。小泉堯史を脚本に迎え、秘めた想いを胸に、誠実に生きようと葛藤する武士の生き様を描く。日本が誇る名キャメラマン木村の監督作としては、『劔岳 点の記』『春を背負って』に続く映画監督第3作となる。

映画『散り椿』公開記念展示では、劇中衣装や刀、下駄などの小道具が間近に見られるほか、映画のワンシーンをとらえたパネルなどの展示を行います。 映画『散り椿』の世界を存分に感じていただける、ファン必見の展示イベント。

これまで岡田主演の映画公開のたびに実施してきたコラボレーションポスターも掲示するという。 毎回、 映画タイトルとビジュアルをパロディ化し話題となっているポスターだが、今回も「皆さまの想像の斜め上をいくような」ポスターが完成し、京阪沿線を中心に、9月14日より掲出する予定。

映画『散り椿』(東宝 配給) は2018年9月28日[金]より全国公開

映画『散り椿』× ひらかたパーク コラボレーション企画開催概要
映画「散り椿」公開記念展示
開催場所:ひらかたパーク 正面ゲート前 特設会場(無料エリア)
開催期間:2018年9月14日[金]~ 10月14日[日] ※期間中休園日あり
入場時間:ひらかたパーク開園時間に準ずる
内 容:映画撮影に使用された刀や下駄、 笠などの小道具や装飾、 劇中衣装、 映画のワンシーンが見られるパネルなどを展示。

映画公開記念コラボレーションポスター
掲出場所:京阪電車車内・駅 ほか
掲出期間:2018年9月14日[金]~10月13日[土]
ホームページ: http://www.hirakatapark.co.jp/chiritsubaki
(ひらかたパーク公式ホームページにも掲載予定)
内 容:毎回、コラボレーションのたびに生み出されてきたパロディポスター。その陰で、泣く泣くボツになった企画は数しれず。今回はそんなボツ企画たちが主役とか!?

映画『散り椿』あらすじ

享保15年。かつて藩の不正を訴え出たが認められず、故郷・扇野藩を出た瓜生新兵衛(岡田准一)は、 連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)が病に倒れた折、彼女から最期の願いを託される。「采女様を助けていただきたいのです……」と。采女(西島秀俊)とは、平山道場・四天王の一人で新兵衛にとって良き友であったが、 二人には新兵衛の離郷に関わる大きな因縁があったのだ。 篠の願いと藩の不正事件の真相を突き止めようと、 故郷・扇野藩に戻った新兵衛。篠の妹・坂下里美(黒木華)と弟・藤吾(池松壮亮)は、 戻ってきた新兵衛の真意に戸惑いながらも、凛とした彼の生き様にいつしか惹かれていくのだった。(2018年/日本映画/112分)
監督・撮影 木村大作 |出演 岡田准一 西島秀俊 黒木華 池松壮亮 麻生久美子 ほか

映画『散り椿』公式サイトhttp://chiritsubaki.jp/
葉室麟著「散り椿(角川文庫)をAmazonで購入する
松山ケンイチ『春を背負って』は「壮大な景色と人間の美しさを描く感動作」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD