山崎賢人、百瀬義行監督アニメ『二ノ国』声優初挑戦!

山﨑賢人、百瀬義行監督アニメ『二ノ国』声優初挑戦!「想像していなかった」

映画会見/イベントレポート

俳優の山﨑賢人が、鬼才・百瀬義行監督の長編アニメ『二ノ国』(読み:にのくに)で声優に初挑戦することが2月9日の製作会見にて発表された。「まさか声の仕事が頂けるとは思っておらず、凄い方々と世界に向けて作っていけることは想像していなかった」などの心境を明かした。

山﨑賢人、百瀬義行監督アニメ『二ノ国』声優初挑戦!
山﨑賢人、声優初挑戦!
©2019 映画「二ノ国」製作委員会

「妖怪ウォッチ」「レイトン」シリーズなど大ヒット作を生み出し続けるレベルファイブの日野晃博氏が製作総指揮/原案・脚本を務める本作は、「二ノ国」というゲームの世界観に基づいたオリジナルの物語となる。

日野製作総指揮は映画化の理由を「「二ノ国」は世界中の人が応援してくれているコンテンツです。10年前に「二ノ国」のゲーム化を発表したときから映画化を意識していた。映画を毎年作り続けるたび映画化の意義を考えているが、「二ノ国」は商業的なことを抜きにして作品として良いものが作れると思い、映画化に向けたプロジェクトを立ち上げ、この度映画となりました」話す。そして「ゲームはアメリカが舞台でしたが今回は現代の日本にし、日本の文化を伝えていきたい。大好きな人は別の人の恋人で、自分の恋は叶わないという状況の中、ある日、異世界に飛ばされて愛する人とそっくりな人がいた場合、自分はどういう選択をするのか?」を描くそうだ。

左から百瀬義行監督、日野晃博製作総指揮、山﨑賢人、小岩井宏悦P
左から百瀬義行監督、日野晃博製作総指揮、山﨑賢人、小岩井宏悦P
©2019 映画「二ノ国」製作委員会

主人公・ユウの声をつとめる山﨑は「まさか声の仕事が頂けるとは思っておらず、声優さんにはいつも尊敬していて挑戦してみたかった。『二ノ国』の脚本を初めて読んだときは鳥肌が立ちました。これからワクワクしています」とオファーを受けた際の心境を語った。世界配給を意識した作品について「凄い方々と世界に向けて作っていけることは想像していなかったので、現世の一ノ国から二ノ国のファンタジーの世界に行く気持ちで頑張りたい。これから声を収録するので楽しみながら作っていきたい。面白くて本当に鳥肌モノで素晴らしい方と頑張って今年の夏に届けられるようにしたい」と意気込みを語った。

そして、配給のワーナー・ブラザース映画の小岩井宏悦エグゼクティブプロデューサーは、「当時、レベルファイブの福岡オフィスに行き日野さんとお話をして、日野さんというクリエイターに興味が湧いていた」と続けた。また、山﨑の起用について「クオリティが大事なので慎重かつ大胆に選んでいます」とまとめ、ユウというキャラクターには幅広い表現力が求められることなどをあげた。

映画『二ノ国』製作発表会見にて
©2019 映画「二ノ国」製作委員会

音楽は久石譲氏が務める。日野製作総指揮は「最初の脚本を持って行ったときに、現世の“一ノ国”と異世界の“二ノ国”を行ったり来たりする楽しさが無いのではないかとグサリと言われてシナリオを全部書き直し。その後のシナリオは周りからも評価されました。久石さんとはクリエイターとして付き合っています」とエピソードを語った。

会見終了時に、“LINE LIVE”とコラボレーションした『二ノ国』声優オーディションの開催が発表された。台詞もある男女それぞれの役をオーディションで選ばれる。エントリーは2月22日より受付予定。

映画『二ノ国』(ワーナー・ブラザース映画 配給)2019年夏より全国公開
©2019 映画「二ノ国」製作委員会

※山﨑賢人さんの「(「たつざき」の)﨑」は正しく表示されない場合があり、代用文字の「崎」としている箇所もあります。

二階堂ふみと山﨑賢人、映画『オオカミ少女と黒王子』名古屋~大阪~福岡へ3日間の旅
米林宏昌×百瀬義行×山下明彦、新レーベル「ポノック短編劇場」第一弾を発表!
妖怪大集結!『映画 妖怪ウォッチ』ヒット祈願イベント開催

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で