宮崎駿監督『天空の城ラピュタ』スクリーン上映!

ニュース

宮崎駿監督『天空の城ラピュタ』スクリーン上映!

映画の作り手にスポットを当てた映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」の特別企画として、1986年公開のスタジオジブリ制作の劇場版長編アニメーション映画『天空の城ラピュタ』(宮崎駿監督)のスクリーン上映が決定した。

映画『天空の城ラピュタ』(宮崎駿監督)
映画『天空の城ラピュタ』(宮崎駿監督) ©1986 Studio Ghibli

同フェスティバルは前回2019年3月2日から9日間にわたり、スタジオジブリ作品『風の谷のナウシカ』(宮崎駿監督)をイオンシネマ シアタス調布にて上映。全席完売の回もあり、上映後には会場から大きな拍手が起きたという。上映会終了後も大きな反響があり、スタジオジブリ作品のスクリーン上映を期待する多くの声が寄せられた。  
  
そして、今回上映が決まった映画『天空の城ラピュタ』も9日間にわたり、イオンシネマ シアタス調布で上映。526席のスクリーン10での上映では、幅約20メートルの大型スクリーンの高画質映像と、イオンシネマ独自の4ウェイ立体音響システムULTIRA(ウルティラ)の組み合わせで、臨場感あるサウンドと迫力満点の映像が楽しめる。

映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」(調布市主催)は2020年2月14日[金]~3月8日[日]開催

映画『天空の城ラピュタ』は、空中の浮島・ラピュタ帝国の財宝をめぐり繰り広げられる、少年・パズーと少女・シータの波乱万丈の冒険を描く。見習い機械工のパズー(CV 田中真弓)は、空に浮かぶ伝説の島、ラピュタを発見したものの、人々に信じてもらえないまま亡くなった父を持つ。彼はある日、空から落ちてきた少女シータ(CV 横沢啓子)と出会う。彼女は胸に青く光る石のペンダントを身につけていた。実は、彼女はラピュタの王位継承者であり、そのペンダントこそが空に浮かぶ力を持つ“飛行石”だったのだ。ところが、二人はラピュタを捜索している国防軍に捕まってしまい、シータを残してパズーだけが釈放されることに。彼は、同じく飛行石を手に入れようとしていた空中海賊ドーラ(CV 初井言榮)たちの協力を得て、シータを国防軍の手から救い出そうとする。

本作のテレビ放映は、滅びの呪文「バルス」に合わせて、視聴者がツイッターで「バルス」と投稿する“バルス祭り”がお約束。令和元年8月30日に日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で17回目のテレビ放送がされると平均視聴率は14.5%を記録した。

『天空の城ラピュタ』上映概要

2020年2月29日[土]~3月8日[日] 
【会場】イオンシネマ シアタス調布 スクリーン10 ほか(全席指定)
【料金】大人、大学生1,100円 小学生~高校生1,000円 幼児900円 ※各種割引、無料鑑賞券、ACチケットの使用は出来ません
【チケット販売日時】2019年12月23日[月] e席リザーブ0:15~ 劇場窓口8:00~
チケット購入方法と上映時間はこちらのWEBサイト参照 https://www.aeoncinema.com/cinema/chofu/

映画のまち調布 シネマフェスティバル2020

開催会場 調布市文化会館たづくり、調布市グリーンホール、イオンシネマ シアタス調布
主催 (公財)調布市文化・コミュニティ振興財団/調布市
企画・運営 映画のまち調布 シネマフェスティバル2020実行委員会
この他、上映作品、イベント情報は、12月中旬以降より順次発表予定

イオンシネマ シアタス調布www.aeoncinema.com/cinema/chofu
宮崎駿監督『風立ちぬ』米アカデミー賞候補の朗報に「非常に名誉なこと」
宮崎駿監督、引退会見後はチャンバラ漫画の連載!
宮崎駿監督「僕の長編アニメの時代は終わった」引退の辞(全文)|速報版
宮崎駿監督『風立ちぬ』米アカデミー賞候補の朗報に「非常に名誉なこと」
天空の城ラピュタ [Blu-ray]をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で