ワン・ダイレクション来日 幕張でファンイベント実施


ワン・ダイレクション来日!ファンイベントThe 1Derland: THIS IS US開催
ワン・ダイレクション来日!ファンイベントThe 1Derland: THIS IS US開催

[シネママニエラ]来日中の5人組ボーイズグループ、ワン・ダイレクションによる「The 1Derland(ザ・ワンダーランド): THIS IS US」と名付けられたスペシャルイベントが幕張で開催され、メンバーのナイル・ホーラン、ゼイン・マリク、リアム・ペイン、ハリー・スタイルス、ルイ・トムリンソンが、集まった約850人のファンの前に揃って登場した。レッドカーペットでは予定外のファンサービスを行い、またサプライズで彼らの楽曲「STORY OF MY LIFE」をアカペラで披露した。

ワン・ダイレクション、邦画の主題歌を担当

英国のオーディション番組「X ファクター2010」から誕生した1D(ワンディー)ことワン・ダイレクションの姿を追ったドキュメンタリー映画『ワン・ダイレクション THIS IS US』(モーガン・スパーロック監督)が、現在日本で公開中。日本で公開されていることについて、ゼインは「多くのファンが観てくれてうれしい。もっと多くのかたに観てもらいたいです」と喜びと希望を口にした。その撮影を振り返ることに。リアムは「生前な感じて撮っていたので正直大変なことはあまりなかった」ようで、むしろ「特にキャンプの撮影は楽しかった」のだと述懐すると、ルイも「そうだね、楽しかった」と同意した。

劇中で、ナイルがコンサート会場での警備員に扮してファンにハグする演出について。ナイルは自身の発案だと明かす。「ファンにサプライズをしたくて、変装が面白いと思って、映画のプロデューサーに相談した」。またルイの変装もプロデューサーに相談の上で決まったのだとか。そう、彼ら自身の考えが反映されているんですね。

そして、2020年に東京オリンピック開催されることから、出場してみたい競技の話になると、ナイルは砲丸投げ、ハリーはハードル、ゼインは槍投げ、リアムはアーチェリー、ルイは卓球という、5人が異なる種目を上げていたのは印象的。そんな彼らに共通していたのは、「日本の女性は美しいし、イケてる。(日本語で)かわいい」と、揃って答えていたことでした。

この動画コンテンツにはAdobe Flash Playerが必要です。

映画『ワン・ダイレクション THIS IS US』予告編

[スポンサードリンク]




ワン・ダイレクション来日!フェンイベントThe 1Derland: THIS IS US開催
ワン・ダイレクション来日!フェンイベントThe 1Derland: THIS IS US開催

原題=One Direction: This Is Us
日本公開=2013年11月1日
配給=ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト
©2013 TriStar Pictures. All Rights Reserved.
※こちらは速報版です。後刻、更新します[2013/11/8更新しました]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD

登録